最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

研ナオコ、ブレイク前の中島みゆきを聞いて心震える

エンタメ・アイドル 投稿日:2019.05.17 20:00FLASH編集部

研ナオコ、ブレイク前の中島みゆきを聞いて心震える

 

 研ナオコが、5月14日放送の『おかべろ』(フジテレビ系)で、大御所著名人との交流を語った。

 

 17歳でデビューし、下積み時代は地方のスナックを回り、「火の点いたもの(タバコ)を投げられて、それを避けながら歌っていた」と過酷な経験をしたという。

 

 

 そんな地方巡業で飛行機に乗り、偶然、中島みゆきのデビューシングル『アザミ嬢のララバイ』を聴いた研は、「この人の歌の世界が好き!」とピンときたという。

 

 そこで、中島に楽曲を依頼すると、『あばよ』を提供され、研が12枚目のシングルとして発売。すると、研の初のオリコンチャート1位になった。

 

 その後も中島から『かもめはかもめ』などを提供され、研は「みゆきちゃんいなかったら、私は歌の世界でこんなに長くいられなかった」と感謝していた。

 

 また、デビュー前のタモリとは漫画家・赤塚不二夫らと一緒に交流。「お酒飲んでると変態だから、私のドレスの背中が開いているとなめるの」とぶっちゃけていた。

 

 志村けんは、いかりや長介の運転手時代からの知り合いで、「そのときから誰よりも面白くて、『(ザ・ドリフターズの)メンバーより面白いね』ってメンバーに聞こえるように言っていた」と笑っていた。

 

 芸能界の歴史の礎を築いてきた研の、広すぎる交遊録の一端を垣間見た。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入