最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1575号
9/29・10/6合併号
9月15日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月25日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

藤岡弘、「せがた三四郎」のCM撮影はどの映画よりもハードエンタメ・アイドル 投稿日:2020.01.26 06:00

藤岡弘、「せがた三四郎」のCM撮影はどの映画よりもハード

 

 君は、セガのゲーム機を知っているか? 任天堂やソニーが “広く愛された” ゲーム機メーカーなら、セガは、“真のゲーマーたちに愛された” 存在だった。

 

 媚びない姿勢ゆえ、ゲームの難易度はいずれも高め。グラフィックは、つねに最先端――。アクの強い、愛すべき “オレたちのセガ” が、誕生60周年を迎える。

 

 

 セガといえば、“強烈なテレビCM” が、人々の記憶に焼きついている。

 

「私は、基本的にスタントマンなしで、アクションに挑戦してきました。そのため『仮面ライダー』の現場では、大怪我を負ったこともあります。そんな私にとっても、『せがた三四郎』のCM撮影は、これまでにない過酷な現場でした」

 

 当時をそう振り返るのは、1997年にセガの家庭用ゲーム機「セガサターン」のCMで、イメージキャラクター「せがた三四郎」を演じて大ブームを巻き起こした、俳優の藤岡弘、だ。

 

 じつはこのCM自体が、完全に「藤岡をイメージして企画されたもの」だったという。

 

「打ち合わせで絵コンテを見ると、『せがた三四郎』の顔が全部、僕。完全に『アテ描き』だったんです。セガの熱い思いを感じ、『ありがたいことだ』と、役を引き受けました」

 

 コミカルに見えたCMだが、撮影は過酷を極めた。

 

「それまで出演した、どのアクション映画よりもハードでしたね。CGなしで炎をくぐって眉が焼け落ちたり、氷の上を素足で走ったりしました。40kg以上もある、巨大なセガサターンの模型を背負って、走るシーンもあった」

 

 今回、久しぶりに「せがた三四郎」の道着に身を包んだ藤岡。「セガのCMはいまも特別」と語る。

 

「『任天堂やソニーに絶対に勝つんだ』という、闘争心にあふれた力強いものを感じ、そこに私も共鳴しました。いまの時代にこそ必要な、信念を持ったCMだったと思います」

 

 それでは、そんな「闘争心」が込められた、セガの家庭用ゲーム機を、次のページで一挙に紹介しよう。

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入