最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1575号
9/29・10/6合併号
9月15日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月25日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

三又又三、名付け親ビートたけしの「うれしすぎた恩義」明かすエンタメ・アイドル 投稿日:2020.03.22 11:00

三又又三、名付け親ビートたけしの「うれしすぎた恩義」明かす

 

 ドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)の金八先生のモノマネでおなじみの三又又三(52)。ビートたけしの弟子である三又に、師匠たけしとの秘話を聞いた。

 

 

――三又さんはどういった経緯でオフィス北野(現TAP)に入ったんですか?

 

三又 俺がコロッケさんのお付きをやってるときに、志村けんさんの番組にコロッケさんが出演していて。その番組の前説をやっていたのが、当時、志村さんのお付きをやっていた山崎まさやです。そこで山崎とコンビ「ジョーダンズ」を組むことになりました。

 

 コンビを組んで1年ぐらい事務所に所属せずフリーでライブに出ていたら、劇場の支配人に「紹介したい人がいる」って言われて。会ったらたけしさんのマネージャーさんで、「ぜひウチの事務所に来ていただけませんか?」って言われて。

 

――スカウトじゃないですか。

 

三又 俺たちのネタを見に来てくれていたんですよ。

 

――オフィス北野に入って、たけしさんに会ったのはいつですか?

 

三又 当時「軍団野球」というのがあって、その野球に行くようになったんです。

 

――たけしさんの草野球チームですね。

 

三又 俺が野球に行ってた頃はたけしさんは事故(1994年のバイク事故)の後だったんですが、まだギリギリ軍団野球に来てたんですよ。だからそこで会いました。

 

 たけしさんが来るとき、なぜか必ずホームラン級の当たりを俺が打ったんです。でも俺は足が遅いんですよ。それでも必死でもがきながら走っていたら、たけしさんに「なんだあいつ! 水中を走ってるんじゃないんだよ!」ってツッコまれて。

 

 そしたら後で、ラッシャー板前さんに「お前すごいぞ。殿(たけし)って、いつもはずっとキャッチボールやってて俺たちの打席なんて見ないんだよ。でもお前が打席に入ると、キャッチボールをやめて一目散にツッコんでるぞ」って言われて。

 

 それで名前を覚えられて、たけしさんが「あいつを『スーパーJOCKEY』(日本テレビ系)のガンバルマンに入れろ」って言ってくださったんです。

 

――野球でレギュラー番組を獲得するとはすごいですね。そこからたけしさんとお付き合いが始まったと。

 

三又 たけしさんは、一時、仕事が終わってから自宅の地下室で若手とタップをやってたんです。それに俺も参加させてもらってて。たけしさんがタップをやってる後ろで俺たちがたけしさんの背中を見ながらやるんです。

 

 そんな感じでタップをやっていたある日、たけしさんが急に振り返って俺のところに来て「そういや、お前に、まだ名前つけてねぇな」って。そのとき俺は「うわっ、ついに来た!」と思って、めちゃくちゃうれしくて。

 

 そしたらたけしさんが俺の坊主頭をなではじめて「お前、いびつな頭してんな。知ってるか? 画家のダリって、いびつな絵で有名になったんだよ。お前の芸名は「頭ダリ」って(笑)。

 

 「いやいやいや、勘弁してください。気持ち悪いです」ってなって。

 

――自己紹介で「頭ダリです」って言われても「は?」ってなりますね(笑)。結局は三又又三をいただいて、ホントよかったですね。他にたけしさんとの印象に残っている話はありますか?

 

三又 浅草キッドさんがたまにたけしさんと「社長会」というのをやっているんです。キッドさんが社長という設定で、高級店でたけしさんにご馳走して、毎回帰り際にキッドさんが「たけちゃん、今日はありがとね」って言って1万円の入ったポチ袋をあげるというのが恒例の会で。

 

――いつもの立場が逆転するんですね。

 

三又 そうです。正直、相当な額がかかってますよ。それをすごいなと思ってて。そしたら今度は後輩のアル北郷がたけしさんのエピソード本を出して、そのギャラが100万円で。そのうち50万円をたけしさんに持っていったんですよ。

 

――北郷さんは、日ごろの感謝の意味も込めて半分渡したんですね。

 

三又 俺は「うわ、後輩に先を越された」と思ってて。そんなとき、たけしさん原作でカルビーのアニメーションCMをやることになって。そこに俺も「公園にいるバカ・又三」というキャラで使っていただき、そのギャラを俺もたけしさんに持って行ったんですよ。

 

――ギャラの半分を?

 

三又 いやちょっとだけ(笑)。

 

――ちょっとだけかい(笑)。お金を渡したらどんな感じでしたか?

 

三又 「なんだ、お前」って喜んでましたね。でも後日、たけしさんが「お前がこないだ持ってきたヤツなんて銀座のおねぇちゃんに配って終わりだよ!」って言われて。

 

 俺は、たけしさんが何に使おうがいいと思ってたんですよ。でも、たけしさんのお付きが俺のところに来て「キッドさんのポチ袋、北郷さんの50万、三又さんのCMギャラは、たけしさんの家の神棚に飾ってありますよ」って。それはうれしかったですね。

 

※3月29日に靖国神社で開催される「ZERO-1奉納プロレス15周年記念大会 第18回大和神州 ちから祭り」チケット販売中

 

取材・文/インタビューマン山下
 1968年、香川県生まれ。1992年、世界のナベアツ(現・桂三度)とジャリズム結成、2011年に解散。同年、オモロー山下に改名し、ピン活動するも2017年に芸人を引退。現在はインタビュアー・お笑いジャーナリスト

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入