最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1538号
12月3日号
11月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

遠野なぎこ、朝ドラを語る「撮影中、じつは同棲していた」エンタメ 投稿日:2016.05.21 10:00

遠野なぎこ、朝ドラを語る「撮影中、じつは同棲していた」

 1999年、NHK朝ドラ『すずらん』でヒロインを演じた遠野なぎこ(36)が、当時のエピソードを語る。

 

「ヒロイン役が決まったときは、あぁ~、もう悪さできないなと思いましたね(笑)」

 

 『すずらん』では、けなげな少女役を演じた。

 

「『異性関係や夜遊びとか気をつけないとヒロインを降ろされるよ』と、当時の事務所の人に言われていました。全然、守らなかったですけど(笑)。当時はまだ若かったので、同棲とかしてました。でもバレませんでした」

 

 ヒロインは出演シーンが多いため、楽屋がなかった。

 

「時間どおりにスタジオに入ったら遅刻で、ヒロインは10分前には入らなきゃいけない。スタジオの隅で休憩中もあくびをすると、〝現場の士気が下がる!〟と怒られるんですよ。ヒロインたるものは……みたいな」

 

 今ではヒロイン役に感謝しているという。

 

「お父さん役だった橋爪功さんが『あなたは今、何もわかってないけど、10年、20年先に朝ドラヒロインを務めた凄さがわかるよ』って言われてたんです。

 

 そのときはただただ苦しいと思っていたんですけど、今はヒロインの肩書があるからお芝居やバラエティのお仕事があると思っています。来月に久しぶりの舞台があり、感謝と涙が出るくらい嬉しかったです」

 

(週刊FLASH 2016年4月19日号)

【関連記事】

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入