最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1737
7月2日号
6月18日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月18日より好評発売中!

詳細・購入

グラビアグラビア

宮川委子、iLU、竹森みこ、朱華 。「チアっ子」たちが歴代ミスFLASHと世の中を盛り上げるイベントが開催

グラビアFLASH編集部
記事投稿日:2024.03.08 20:00 最終更新日:2024.03.08 20:00

宮川委子、iLU、竹森みこ、朱華 。「チアっ子」たちが歴代ミスFLASHと世の中を盛り上げるイベントが開催

(前列)左からiLU、竹森みこ、宮川委子、朱華。(後列)左から遠藤まめ、高槻実穂、あべみほ、阿南萌花

 

 歴代ミスFLASHが日本を盛り上げるイベント「チアチアFLASH~二度目の決起会~」が3月3日、東京・渋谷で開かれた。歴代ミスFLASH14人が参加、ランウェイやトークショーで大いに盛り上がった。

 

 後半には、「チアっ子を探せ!」と題し、ミスFLASHと一緒に世の中を盛り上げる女性タレント「チアっ子」を紹介するコーナーが。Smart FLASH登場権をかけ、歴代ミスFLASHとともにミッションに挑戦した。

 

 

■宮川委子 初体験のミュージカルで主役に抜擢!

 

 一人目は、ミスFLASH2015・あべみほの推薦でチアっ子になった、“いちぇこ”こと宮川委子。「今まではバレエの先生、着物のモデル、そしてライブ配信にて活動させていただいております。最近はミュージカルに挑戦させていただいております。特技は韓国語とけん玉です」と自己紹介。

 

 くじ引きの結果、2人はなわとびの二重跳び(2人ともが1回でも成功すればクリア)にチャレンジ。宮川、あべ、ともに見事成功!

 

 掲載権を獲得した宮川に話を聞いた。

 

「『いちぇこ』の名前でライブ配信を6年やっています。特技のバレエとか、大食い企画とか、いろいろコツコツやっています。声が出なくなっちゃったときも、筆談配信や、パントマイム配信で頑張りました。

 

 そしてこの度、芸能活動を始めるにあたって『宮川委子』という名前を使うことにしました。今回推薦してくれたあべさんと一緒に、ミュージカルに出ます! あべさんとは2年ほど前に知り合って、いまはふだんほぼ一緒に過ごしてる。ほんとに仲が良くて、お姉ちゃんみたいな存在です。でも一緒に仕事をするのはこのミュージカルが初めてです。

 

 バレエを3歳からやっていて、今度の舞台にもダンサーとして呼ばれたと思っていたのが、オーディションを受けたらありがたいことに主演に選んでいただいて。凄い挑戦です。演技の経験もあまりないし、歌はカラオケでも歌わないくらいだったんで。いまは朝10時から夜10時まで稽古です。大変ですけど、楽しいですね。今後はライブ配信を続けつつ、いろんな人にかかわっていけるお仕事がしたい。名古屋出身なので、ロケ番組とか、名古屋でできる仕事があるといいな」

 

 宮川とあべが出演するミュージカル『異次元! シンデレラと3人の御曹司』は中野野方区民ホールにて4月11日から15日まで。宮川はシンデレラ役(主演)、あべは魔女と魔法使いベラドンナの二役で出演する。

 

■iLU アニメとロードバイクを愛する中国出身オタクモデル

 

 続くは自薦で「チアっ子」に応募してきた3人。二人目はiLU(アイル)。

 

「100%中国人で、日本が好きすぎて日本に来てもう10年経っています。自宅警備員をしているときは永遠にアニメを見続けているガチの平成アニオタでございます。自分で衣装を製作して、男装コスプレイヤーとしても活躍しています。趣味はロードバイクで、しかも長距離走。日間平均走行距離が80キロ以上です」と自己PR。

 

 iLUはミスFLASH2024遠藤まめとなわとびにチャレンジ。

 

 遠藤は二重跳びを成功させたが、「人生で1回も成功したことがない」というiLUは失敗…。だが司会者にラストチャンスを与えられ再チャレンジし、見事成功した。

 

 掲載権を獲得した。iLUの話はこちら。

 

「10年前に日本に来ました。インターナショナルスクールに通っていて、交換留学で来たんですよ。凄い軽い気持ちで試験を受けたら、全中国から7人しか受からないのに合格して、その1カ月後には来ました。

 

 来たいと思った理由はアニメです。平成のアニオタだったので、ジョジョがめっちゃ好きで。中国にいたときから、週末2日間自宅警備員の状態で、朝から晩まで永遠にアニメを見ていました。アニオタ同士で会話すると止まらないです。それで『キャラになりたい』とコスプレを始めました。男装がメインで、『ヴァニタスの手記(カルテ)』のヴァニタスが一番の推しです。ちょっとすれてるけど、自分一人でガンガン頑張って生きていくっていう性格が好きなんです」

 

 いっぽうで、ロードバイクが好きというアウトドアな一面も。

 

「生身で車と並走できるスリルがいいですね。道央一周や九州一周もしました。道央一周したときは毎日100キロくらい走って5日間、体力の限界でしたね。きょうは縄跳びの二重跳びをしましたが、今まで一回も成功したことなかったのに、生まれて初めてできました。ヤバかったですね。今後はモデルをガンガンやっていきたい。あとはコスプレイヤーのお仕事をしていきたいです」

 

■竹森みこ 色白清純派の元ガチ巫女グラドル

 

 三人目は竹森みこ。

 

「色白清純派、元巫女の竹森みこです。清純派なのは見た目だけで、マシェバラでは昭和の深夜番組みたいな配信をしています。最近、神社巡りがめちゃめちゃ好きで全国に行くんですけど、女性と男性のシンボルをお祀りした神社っていっぱいあるんですよ。でもおっぱいの神社は全国に2つしかないんです。そういう珍しい神社巡りをしながら、神社の魅力を広めていくために活動しています」と興味深い自己PR。

 

 竹森はミスFLASH2021高槻実穂と一般常識クイズに挑戦。「甲子園球場がある都道府県はどこでしょう?」という問題に「兵庫県」と見事正解した。

 

 掲載権を獲得した竹森の話。

 

「もとは本職で巫女をやっていました。ちゃんと舞の修行もして、いまは舞の先生をしています。ガチ巫女です。岐阜県の神社にいたときは、冬になると雪がすごくて、巫女の服装は夏は暑くて、冬は寒いので大変でしたね。雪の日に滑って頭を打って、救急車で運ばれたことがありました。

 

 今は舞の先生をやりながら神社巡りをして、各地の一の宮から、女性と男性のシンボルをお祀りした神社まで、たくさん巡っています。そして、神社の魅力をPRしたくてグラビアの仕事をしています。『みこちゃんが好き好きって言ってるんだから神社に行ってみるか』というファンの方を作っていくのが目標ですね。きょうの一般常識クイズも、神社巡りしていたおかげでわかりました。『あ、兵庫に甲子園あったな』って」

 

■朱華 小籠包大好き! 中国出身のミス東スポ女優

 

 四人目は朱華(しゅか)。

 

「中国上海出身の朱華です。ミスFLASH2024にエントリーしていました。その時出演したTIFのステージで、小籠包の食べ方を特技として披露させていただいたんですが、時間切れで最後までできなかったので、ここで披露したいと思います」とまさかの特技披露。

 

 ちなみに、小籠包をキュッて持って、スプーンの上に乗せて、角度をつけると小籠包がちょっと出っ張るので、そこを一口パクって小さい穴をあけて、中に肉とかスープが見えるので、一気に行かずに三回くらいに分けて吸うと、おいしく食べられます、とのことです。

 

 朱華はミスFLASH2019・阿南萌花と一般常識クイズにチャレンジ。「X線を発見した人物は誰でしょうか」という問題に「レントゲン」と正解した。

 

 出演権を獲得した朱華の話。

 

「ミスFLASHに応募したときの皆さんと会って、スタッフさんも久しぶりで、あの頃を思い出しました。その間にミス東スポ準グランプリを獲りました。東スポさんでは競馬関係のお仕事や、そのほか公営競技のお仕事もあるとお聞きしているので、競馬関係の勉強をしています。勉強するのは何でも好きで、好奇心旺盛なので、いろいろチャレンジしていきたいです。

 

 自己PRでは小籠包のおいしい食べ方を話しました。ミスFLASHで出たTIFでも披露したのですが、そのときに時間切れで言えなかったのがめちゃくちゃ後悔が残っていて。きょうはうまく言えました! 小籠包はよく食べます。こないだも中国に帰ったんですけど、中国では毎朝食べるくらい好きです。飽きたら焼き小籠包にするとか(笑)。

 

 きょうはSmart FLASH出演権がほしくて、ミッションにはけん玉や縄跳びがあると聞いて、きのうYouTube見て練習して、みんなに教えてたくらいでした。でもクイズは正直想像つかなくて。私、X線を発見したのはエックスさんかと思ったくらい。阿南さんが答えてくれて本当によかったです。さっき裏でも『ありがとうございます。記念写真撮らせてください』とお願いしました」

 

 2024年、ミスFLASHとチアっ子たちの飛躍に期待したい。

 

写真・木村哲夫

( SmartFLASH )

続きを見る

今、あなたにおすすめの記事

グラビア一覧をもっと見る

最新号紹介

グラビアBEST

2024年春号
3月28日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月28日発売
表紙:守屋麗奈(櫻坂46)

詳細・購入