最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1627号
12月21日号
12月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月7日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【昭和郷愁館】箱だけで数十万円…国産初のプラモデルメーカー「マルサン電動怪獣」5点、総額は?

ライフ・マネー 投稿日:2021.02.25 16:00FLASH編集部

【昭和郷愁館】箱だけで数十万円…国産初のプラモデルメーカー「マルサン電動怪獣」5点、総額は?

 

 コレクションのポリシーは「昭和平等」。お菓子の袋から、レアなレコード、高価な切手まで、“あの時代” を彩ったものなら、なんでも平等に集めてきたコレクター社長・大崎潔氏が、10万点を超える所蔵品から誌上公開する本誌新連載。

 

 第6回は、プラモデルメーカーの “草分け” 的存在「マルサン」の電動怪獣プラモ5つ。総額は……約400万円だ。

 

 

大崎「プラモといえば?」

 

写写丸(以下、写)「タミヤ!」

 

大崎「いや、マルサンです(笑)。『プラモデル』という言葉を作り、最初の国産プラモを製造したのはマルサンなんです。なかでも、この電動怪獣シリーズは最高ですよ」

 

写「1964~1967年の “怪獣ブーム” の時期に出たんですね」

 

大崎「定価で400~800円。子供たちの憧れでした。私も子供のとき、『トドラ』を親に買ってもらったんです。でも説明書が複雑で、結局組み立てられませんでした」

 

写「箱が大きくて、デザインがカッコいいですよね」

 

大崎「写真のプラモデルは、完成させたものもあれば、組み立てていないものもあるなど、状態はいろいろです。『ゴメス』に至っては箱だけですが、数十万円しました。このデザインが好きなんです」

 

写「箱だけでそんなに!」

 

大崎「シリーズのなかでも、とくにレアなのが『エビラ』。現存しているのが、ほんの数体といわれていて、箱だけでも300万円。いや、それでも買えないかもしれませんよ」

 

写「マニア恐るべし!」

 

大崎「いつか、シリーズを全部揃えたいなあ」

 

おおさききよし
1961年生まれ 株式会社ブティックオーサキ代表取締役社長。全国のコミュニティFMで放送中のラジオ番組『待夢魔神ラジオ版』のパーソナリティ

 

(週刊FLASH 2021年3月9日号)

続きを見る

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入