最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1675号
2月7日号
1月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月24日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

湿疹と思ったら皮膚がん、肌が痒いと思ったら胆管がん…見逃しがちな「大病のサイン」

ライフ・マネー 投稿日:2023.01.12 06:00FLASH編集部

湿疹と思ったら皮膚がん、肌が痒いと思ったら胆管がん…見逃しがちな「大病のサイン」

肌の痒みイメージ

 

 写写丸世代に頻出する “体の不調”……「俺も年取ったなあ」とスルーするのは厳禁。名医でも見逃しややすい、大病のサインがあるのだ。

 

 ゲップ、抜け毛、湿疹、痒み……これらも、軽視できない危険な兆候になり得る。

 

◎ “悪夢にうなされる” じつは認知症
(たかしま耳鼻咽喉科 高島雅之院長)

 

 

「中年以降、寝言が多くなったり、就寝中にやたら動いてしまうという症状は、もしかすると認知症予備軍かもしれません。夢を見ている間は、首から下は体の力が抜けて、夢のとおりに動いてしまうことは通常はありません。その力が抜ける仕組みが乱れてしまうことによって、レム睡眠のときに夢のとおりに動いてしまうという症状の患者さんを診察した経験があります。こうした症状は将来、レビー小体型認知症が発症する可能性があると報告されています。

 

 しかし、詳しいメカニズムなど、全容は解明されてはいないので、中年以降に悪夢を見て就寝中に大声を上げたり、体が動く方は、一度は睡眠外来に相談してみることをおすすめします」

 

◎ “加齢による眼瞼下垂” と思ったら脳腫瘍
(麹町皮ふ科・形成外科クリニック 苅部 淳理事長)

 

「加齢とともに、まぶたが下がる症状を眼瞼下垂といいます。視界が狭くなるだけではなく、見た目にも老けた印象になることから、美容目的で眼瞼下垂の手術をおこないたいと相談に来る患者さんは非常に多いです。そんななか、私が診察した患者さんの眼瞼下垂の症状が、たんなる加齢によるものではないという医師の直感が働き、脳外科医と連携を取り検査をしたところ、脳腫瘍だったということがあります。

 

 加齢による眼瞼下垂は、両側性にゆっくりと対称に生じますが、脳腫瘍の場合は、脳の中枢からの指令に問題があり、急速に両瞼が開きにくくなる特徴があります。この小さな違いを見逃さずに、早期発見できて非常によかったです」

 

◎ “妻のおなかが出てきた……” 太っただけだと思ったら卵巣がん
(三軒茶屋ARTレディースクリニック 坂口健一郎院長)

 

 写写丸世代でパートナーがいる方は、相手の “体のサイン” にも気をつけたい。

 

「卵巣がんの患者さんは、発見が遅れることがあります。卵巣が腫れてくると “カエル腹” のようにおなかが出てきます。

 

 しかし中高年女性の場合、『最近太ってきたわ』と思うだけで放置して、症状が進行してしまうケースがあります。おなかが大きく出てきた時点で、卵巣の腫れに加え腹水が溜まっていることも多く、進行した状態で見つかることが少なくありません。進行すると、倦怠感などを感じるはずなのですが、更年期の時期と重なり、がんの影響と考える方が少ないのも難しいところ。

 

 下腹部がぽっこりしてきたら、気にしてほしいですね」

 

◎ “いつもボーッとしている” てんかんに
(ブレインケアクリニック 今野裕之理事長)

 

「60代の男性患者は、たまにボーッとしてしまい、その間の記憶がないという相談で来院されました。ふだんは記憶を失うことはないそうで、認知症を心配していました。脳の画像検査などをおこないましたが、認知症との診断はつかず、脳波を測定したところ、てんかんだとわかりました。今は、抗てんかん薬で問題なく生活を送ることができるようになったそうです。

 

 じつはてんかんは、ボーッとしたり、部屋の中を動きまわるなどの行動を取る場合があります。60代後半で突然、てんかんになるケースも少なくないので、そういった症状があれば、精神科を受診することをおすすめします」

 

◎ “暑い日にふらついた” 脳梗塞だと発覚
(AGAスキンクリニック京都河原町院 水本 理院長)

 

「私が救急外来に勤務していたときのことです。暑い夏の日に、カラオケボックスでふらついたという30代の女性を診察しました。患者さんは、ちょっと調子が悪くなった程度にとらえていましたが、帰る際、歩き方がちょっとだけおかしかったんです。身体診察を追加してCT検査をおこなったところ、脳梗塞だと発覚しました。

 

 カラオケボックスでふらつくといったことは貧血や疲労など、さまざまな理由で誰にでも起こり得ること。しかもこの女性は、普通体型で基礎疾患もない方でした。こういう方に脳梗塞が起きるのは稀なので、本当に見落とさなくてよかったとほっとしました」

 

◎ “ただの湿疹だと思っていたら……” 皮膚がん
(アクネクリニック勤務 高橋ちあき医師)

 

「湿疹だと思っていたら、日光角化症という早期の皮膚がんだったことがあります。初診時の症状は、前腕にカサカサした赤い発疹があるということでした。約半年前から発疹があり、他院でステロイド軟膏を処方され、使用していたそうですが、痒みや痛みがないため通院をやめていたそうです。しかし、日に日に発疹のサイズが大きくなり、色も変わってきたので、いよいよ心配になり受診されたんです。

 

 私は、最初から皮膚がんの可能性を考え、皮膚組織を採取して検査したところ皮膚がんだとわかりましたが、専門外の診療科を受けてしまっていたら、たんなる湿疹としてそのままになってしまった可能性がありますね」

 

◎ “肌が痒いと思ったら” 胆管がんの可能性
(千里中央花ふさ皮ふ科 花房崇明院長)

 

「私がまだ若く、大学病院で勤務していたときに、60代の男性患者さんが『肌が痒い』と訴えてきました。痒みといえば、まずはステロイド外用剤や抗ヒスタミン剤で様子を見るのが一般的です。そのときは『大した湿疹じゃないのに痒がり方が異常だな』と思いつつ、同じように処方しました。

 

 しかし、1、2週間後にその患者さんが受診したときには皮膚が黄色く、黄疸が出ていました。血液検査をおこなうとビリルビンの値が高かったので、画像検査をしたら、胆管がんが見つかりました。胆管がんでビリルビンが増え、黄疸や皮膚の痒みを引き起こしていたのです。

 

 初診のときに血液検査をしていればもっと早く発見できたのに、という苦い経験を今でも覚えています。それ以来、内臓疾患による痒みも念頭に診察しています」

 

「こんな些細なことが大病の原因になるなんて……」とおびえる読者も多いはず。

 

「心臓病などの大病が見逃される場合、原因のひとつは『放散痛』にあります。感覚神経のほとんどは、太い束となって脊髄に繋がっています。そのため、心臓が痛みを訴えているはずなのに、その信号が別の神経に移ってしまうのです」(竹内内科小児科医院 五藤院長)

 

 今回取り上げた以外にも、気になる症状があれば病院に行くべきだ。

 

「何科を受診するか迷った場合は、消防庁がおこなっている救急安心センター事業(♯7119)に相談するか『総合診療科』を標榜する病院に行けば、大半の疾患に対応してくれるはずです。臨床現場では、患者さんが診察室を出ようとしたときに思い出したように話したエピソードが、診断のきっかけになることもあります。医療業界では、これをドアノブ・クエスチョンといいます。どんな大病であっても、初期症状は些細なものです」(函館稜北病院総合診療科 舛森医師)

 

 今年も健康に過ごせますように!

 

取材/文・吉澤恵理(医療ジャーナリスト)

( 週刊FLASH 2023年1月24日号 )

続きを見る

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入