最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1570号
8月18日・25日合併号
8月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月28日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

『シーマン』作者が語った「日本文化の影響を受けたアップル」ライフ・マネー 投稿日:2017.12.09 11:00

『シーマン』作者が語った「日本文化の影響を受けたアップル」

 

 11月26日、都内書店で『林檎の樹の下で』(光文社)の出版トークイベントが行われ、堀江貴文猪瀬直樹、そしてゲーム『シーマン』などを手掛けた、著者の斎藤由多加が登壇した。

 

 本作は、スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックがアップルを設立し、日本へ進出し始めた時期を描いたノンフィクション。

 

 当時のアップルをめぐる社会背景などを語りつつ、アップル製品は日本文化の影響を受けているという意外なトリビアを明かしていた。

 

 まずひとつは、初代マッキントッシュの裏蓋について。

 

「最初のマッキントッシュの裏蓋を開けると、宮大工みたいに、開発者のサインが浮き彫りで入ってるんですよ。全員のサインが入った色紙みたいな。それで、金型の値段が高くなったって聞きました。彼がこれを発想したのは、日本の宮大工からだと思いますよ」

 

 また、近年のマック製品などで搭載されているマグネット式のアダプタも、日本製品の影響だとか。

 

「最近のマックブックエアーの、マグネット式の電源がぱっととれるやつも、日本の電子ジャーを見て、思いついたらしいですよ。

 

 電子ジャーの充電アダプタも、安全装置なのか、マグネット式でポンと取れるじゃないですか。あれを見て、アップルもぐしゃっと刺す形から、ポンって外れるようにして。特許をとって……っていうのを聞いたことがあります」

 

 部分ごとには、日本の技術もすばらしいと感じさせるエピソードだが、結局は特許を取られてしまっていることを考えると、複雑な心境になってしまう。

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入