最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】祇園のスナックのねこ

ライフ・マネー 投稿日:2018.04.07 06:00FLASH編集部

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】祇園のスナックのねこ

 

 ノーチャージで1杯600円から飲める京都・祇園の「スナック うみねこ」。店を訪れると、オーナー・水野啓子さんと「ダンナ」がお出迎えしてくれる。ただし、ここのダンナの正体は、茶白のねこだ。なぜそんな名前に?

 

「早く帰りたいとき、『ダンナが家で待ってるから、帰るわ』と言えたり、『うちのダンナ、祇園のスナックで働いてますねん』って自慢したりできるじゃないですか。私、独身なんですけどね(笑)」(水野さん・以下同)

 

 ダンナは少し臆病ながら、好奇心旺盛。おもちゃでお客に遊んでもらうのが大好きだ。

 

「気に入った人なら、初対面でも膝の上に乗ってきますよ」

 

 水野さんとダンナのなれそめは2016年夏ごろ。系列店の女性スタッフがお寺で保護し、飼い主募集のポスターを作成した。それを見たのがきっかけだ。

 

 幼いころから、水野さんの実家にはいつもねこがいて、寂しいときはいつも慰められたという。そして「大きくなったら、ねこといっしょに働けるような仕事ができたら」と思うようになった。

 

 しかし大人になってからは、仕事が忙しく、ねこを飼えない生活が続いた。

 

「でも、やんちゃそうな顔のポスターの写真を見て『この子と過ごすのは運命かも』と、ビビッときたんです」

 

 昼間はデイサービス施設で介護の仕事をしている水野さん。その間、ダンナは留守番をしているが、夕方、彼女が帰ってくると、祇園へ“同伴出勤”。

 

 ダンナのため、ねこ飼育可のテナントを探したという。お店にねこを連れていければ、夜まで寂しい思いをさせることはないからだ。

 

「いまや、ダンナというより、なくてはならない弟のような存在」と語る水野さん。見かけはいかつい男性客も、思わず「ダンナちゃーん」と声をかけるマスコットになっている。

 

(週刊FLASH 2018年1月30日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入