最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】本屋さんのねこ

ライフ・マネー 投稿日:2018.04.21 06:00FLASH編集部

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】本屋さんのねこ

 

 地元の子供たちから「ねこがいる本屋さん」と親しまれている「雄雅書房」。オーナー夫婦の松田泰基さん、洋子さんが世話をする「なな」は、立派な体つきと、青くて美しい瞳が自慢だ。

 

 もともとこのお店は洋子さんの母・千鶴子さんが長年、営んできたが、千鶴子さんが亡くなり、洋子さん夫婦が引き継いだ。

 

「2014年9月、母と昼ご飯を食べていたら、顔馴染みの男性が『近くの徳島中央公園で子ねこを拾った。連れて帰ると嫁に怒られるけん、飼ってくれん?』と、この子を置いていったんです。たぶん母が大のねこ好きなのを知っていたからでしょう」(洋子さん・以下同)

 

 子ねこは生後1カ月くらいで、両手のひらにちょこんと乗るサイズ。千鶴子さんはねこをそのまま飼うことにした。それまで、代々10匹近くのねこを飼ってきた千鶴子さんは、店の近くにいる野良ねこの世話もよくしていた。

 

「ななが来る1年前まで、母は私が保護した『とらちゃん』というねこを店で世話していました。でも、とらちゃんは病気がちで、闘病の末に3歳半で死んでしまったんです。母は『もう高齢やし、ねこは飼わへん』と言っていたんですが、なながやってくると、とてもかわいがるようになりました」

 

 千鶴子さんが亡くなったのは2017年2月22日。自宅ベッドで療養中も、ななと仲よく一緒に過ごした。

 

「『ねこの日』に亡くなるなんて母らしいですよね。残されたななは、当初は寂しそうでした。それまで母以外にさわられるのは嫌いだったのですが、最近は人恋しいからか、自分から私たちに体をすり寄せてくるようになりました」

 

 目下、ななの課題はダイエット。体重が7.4キロもあり、高い本棚には飛び乗れないほどだ。

 

「母が最期まで愛したねこですから、いつまでも元気でいてほしいです」

 

(週刊FLASH 2018年2月13日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入