最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】民宿のねこ

ライフ・マネー 投稿日:2018.05.12 06:00FLASH編集部

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】民宿のねこ

 

 東洋一美しいといわれる宮古島・与那覇の前浜ビーチ。そのすぐそばにある、1日3組限定のアットホームな雰囲気の民宿が「Yona-Pahale(ヨナ・パハレ)」だ。

 

 オーナーの出口剛さん、忍さん夫婦は、18年前に関東地方から宮古島へ移住し、2008年12月に民宿を開業した。ここでは「営業部長」のテンテンをはじめ、ピッピ、ノタの3匹が、宿泊者の間で人気者になっている。

 

 3匹のうち、最初にやってきたのはピッピ。2000年11月、地元の新聞に載っていた広告を見て、もらい受けた。続くテンテンとの出会いは、2003年9月。最大瞬間風速74メートルという台風14号が島を襲う、1週間ほど前のことだった。

 

「散歩していたら、サトウキビ畑の間から子ねこ3匹が飛び出してきて。パッと手を伸ばして、捕まえられたのがテンテンです。あとの2匹は逃げてしまいました。あのときの台風はすさまじく、島の電柱約800本が倒れ、2万戸以上が停電したほど」(剛さん)

 

 民宿を開業すると、社交的なテンテンはすぐお客になつくようになった。

 

「お客さんがチェックインすると『今日はどんな人かな?』と、客室までついていくことがよくありますね」(忍さん)

 

 そして2012年の春ごろ、民宿に現われたのが白ねこのノタ。やはり台風の日に、ずぶ濡れになっているのを家に入れたのがきっかけで、外ねこから家ねこへ昇格した。

 

「テンテンはお客さんを回って、首の後ろあたりをポンポンと叩いてもらうのが大好きなんですよ。いちばん気持ちよかった人のもとには、次の朝も寄っていき、『またやって』と無言で背中を向けるんです。私たちは『肩こりテンテン』って呼んでます(笑)」(忍さん)

 

 ビーチで夕日を眺めつつ、ねこたちに囲まれる……。こんな癒やしは、なかなか経験できない。

 

(週刊FLASH 2018年3月6日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入