最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1583号
12月8日号
11月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

母親が気軽に来店も「自動車販売店」に保育所が併設され始めた

ライフ・マネー 投稿日:2018.06.25 09:00FLASH編集部

母親が気軽に来店も「自動車販売店」に保育所が併設され始めた

 

 自動車販売店に、変化が起きている。
 2018年春、東京都大田区にある「東京トヨペット馬込店」では、リニューアルのタイミングに合わせて、店舗2階に保育所を併設した。室内には天然の木材が多用され、木のぬくもりを感じさせるインテリアになっている。

 

 保育所の運営形態は、社員の子供たちを預けるための「企業型」のほか、地域住民も預けることができる「認可型」もある。東京都内で、カーディーラーに併設された認可型の保育所は、初めてのこと。同社によれば、地域の人々に対しての社会貢献の一環として、この事業を始めたという。

 

 厚生労働省の発表によると、2017年10月の待機児童数は全国に約5万5000人。大田区は、都内の自治体では待機児童が3番めに多い。地元にとっても、子供を預けられる場所が増えることはありがたい話に違いない。

 

 お店は都営浅草線・西馬込駅から徒歩1分という好立地で、通勤の際に立ち寄って、子供を預ける母親も多い。

 

 ほかにも愛知県内の「ネッツトヨタ港・名四店」では、店舗の3階に多目的ホールを設置。板張りになっており、講演会場やスポーツ会場として、地元の人たちに提供されている。

 

 どんなに業界が再編され、技術が進歩しようと、結局、自動車を買うのは一人ひとりの人間。日本車の未来のためにも、地域に根差した心は重要なのだ。

 

(週刊FLASH 2018年5月29日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入