最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】ビリヤード場のねこライフ・マネー 投稿日:2018.07.21 09:00

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】ビリヤード場のねこ

 

 JPBA(日本プロポケットビリヤード連盟)公認の元プロ・大武英樹さんが営む「ビリヤードヤング」は、初心者から競技志向の人まで幅広い層が集うビリヤード場。

 

 ここでアイドル的存在となっているのが、キジトラのねこまちだ。2010年1月、大武さんが、山口県で保護ねこ活動をしている女性から譲り受けた。

 

 

「その前の年、店に茶トラのメスねこが迷い込んできて。とても人なつこかったので『ねこむら』と名づけて、看板ねことして世話していたんです。

 

 ところが半年後、突然、飼い主さんが現われて『ずっと捜していたんです。どうもありがとうございました』と言ってねこむらを引き取っていきました。

 

 突然、ねこむらがいなくなってしまい、寂しくて……。それで、ねこの飼い主募集サイトを探し、出会ったのがこの子なんです」(大武さん・以下同)

 

 ねこまちはもともと、山口県内の大学の寮で、学生に餌をもらいながら生きていた。大武さんが引き取ったときは生後4カ月。お店はちょっとした「ねこロス」状態だったため、ねこまちはお客から大歓迎された。

 

「ビリヤードのプレー中、ねこまちが台の上に上がっていることもしょっちゅうです。が、お客さんは誰も嫌がることはなく、むしろ大喜び。ねこまちがいても、かまわずプレーし続けている方がほとんど(笑)。

 

 ビリヤードは、ボール同士が当たると、パン! という大きな音がします。普通のねこなら嫌がりそうなものですが、ねこまちはぜんぜん動じないんですよ」

 

 ねこまちも心得たもので、絶対にボールにふれたり、配置を変えたりすることはないそう。

 

「かまってほしいときは、白い手球と狙い球のラインの間に割って入ってきて、居座ることもあるんですよ」

 

 ハスラーならぬ、ハスニャー? 

 

(週刊FLASH 2018年5月29日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入