最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

改竄「KYBオイルダンパー」もしうちのマンションにあったら

ライフ・マネー 投稿日:2018.10.29 06:00FLASH編集部

改竄「KYBオイルダンパー」もしうちのマンションにあったら

(写真:AC)

 

 建物の免震・制振装置のトップメーカーであるKYBと、子会社・カヤバシステムマシナリーによる免震データ改竄問題。問題になっているのは、油の粘り気を利用して衝撃や振動を和らげる装置「オイルダンパー」の検査データだ。

 

 国交省やKYBによると、改竄は2000年3月から2018年9月まで18年半も続けられ、じつに987件の建物で、不正な製品、疑いのある製品が使われている。検査数値が基準値と40%以上ずれた物件もあるという。

 

 

「高層マンションの地下に、免震オイルダンパーが使われるケースが増えています。地下は共用部にあたるので、不正な製品が使われていることがわかった場合、改修するにはKYBとマンションの管理組合の交渉になるでしょう」

 

 こう話すのは、オラガ総研代表取締役で、住宅コンサルタントの牧野知弘氏だ。

 

「物件により地盤の固さ、建物の強度も違い、一棟一棟修理・交換するわけですから、修理までに2、3年かかる物件も出てくるでしょう。また制振オイルダンパーの不正は件数が少ないようですが、こちらは壁に埋め込まれているので、もし交換することになれば非常に大がかりな工事になります」(牧野氏)

 

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏も警鐘を鳴らす。

 

「2、3年先になる工事までに大地震が起きた場合の責任について、想定される被害のデータはKYBが持っているはず。報告書を出してもらい、管理組合はKYBとの交渉の場で、念書の形で責任を明確にしておくことです」

 

 問題発覚を受け、不動産大手の三菱地所と野村不動産が、KYBの製品が使われている一部のマンションについて、新規契約を休止していることを、フジテレビが報じた。

 

 もし苦労して購入したマンションにKYBの免振オイルダンパーが使われていたら……速やかに管理組合で団結して、対応を検討すべき事態である。

 

(週刊FLASH 2018年11月6日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入