最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1541号
12月24日号
12月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【食堂のおばちゃんの人生相談】30歳・接客業のお悩みライフ・マネー 投稿日:2018.11.19 16:00

【お悩み/こいこいさん(30)接客業

 

 最近、近所に黒い野良ねこが出没して心配で仕方ありません。我が家はすでに2匹ねこがいて、飼うのは難しいです。地域ねこボランティアの方が面倒見てくださってますが、ねこが平和に暮らせるには、どうしたらいいでしょう?

 

 


【山口先生のお答え】

 

 まるで私のことみたい。

 

 実は、以前も書きましたが、うちの近所にも我が家のエラ(メス)そっくりの真っ黒な野良ねこが出没するようになり、私は毎日心配で居ても立ってもいられなくなって、遂に我が家で飼おうと決心し、6月の終わりに保護してしまったんです。

 

 こいこいさんと同じく、うちにもエラとボニー(オス)の2匹のねこがいて、本当はこれ以上飼うのは難しかったのですが、毎日心配で悩むくらいならと、無理を承知で我が家に引き取ったのです。

 

 タマと名付けたその黒ねこ(メス)は、避妊手術もしてあって、明らかに飼われていたねこでした。だからきっとすぐ我が家と先住ねこに馴染んでくれると思ったら大間違い。

 

 私は噛ままれて何度も流血、ボニーとエラは一回りも小さいタマに威嚇されて、地蔵に……。野良生活を経験した根性と迫力は、想像以上でした。

 

 そんなタマも、近頃は膝に乗ったりペロペロ舐めたり、甘えるようになりました。いずれは先住ねことも馴れるだろうと期待しています。

 

 それであなたのお悩みですが、地域ねこボランティアがいるのなら、是非協力してあげて下さい。お手伝いでもカンパでも、あなたの出来る範囲で結構です。それがねこたちの福祉に繋がります。

 


やまぐちえいこ
1958年、東京都生まれ。早稲田大学文学部卒。就職した宝飾会社が倒産し、派遣の仕事をしながら松竹シナリオ研究所基礎科修了。丸の内新聞事業協同組合(東京都 千代田区)の社員食堂に12年間勤務し、2014年に退職。2013年6月に『月下上海』(文藝春秋)が松本清張賞を受賞。

 

※最新刊『婚活食堂』が発売中

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入