最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1495号
12月18日号
12月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第16弾】11月23日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

ブラック企業をやめて選んだ「大道芸人」年収は昔と変わらずライフ・マネー 2018.12.04

 

 サラリーマンの世界に見切りをつけ、趣味の世界を極める。そんな「夢のような生活」を実践している、大道芸人の太平洋さんを訪ねた。

 

 金曜、午後の上野公園。その一角に30人ほどの観客が集まっていた。観客の輪の中心にいるのは太平さん。「和芸」と呼ばれる、日本の伝統的な大道芸を得意とする。歓声がひときわ高まったのが、綱渡りだった。

 

 

「やっぱり気合が入りますね。テンションを上げておかないと怪我しますから」

 

 子供のころから大道芸に憧れ、練習を積んだ。大学時代はいろいろなイベントに呼ばれるほどに。だが、芸で食っていく気はなかったという。

 

 大学を卒業後、東証一部上場の建材メーカーに就職したが、その会社が典型的なブラック企業。土日出勤は当たり前、平日も夜遅くまで働かされた。

 

「まさに『奴隷』でした」というほどの職場を2年で退職し、介護関係の職に就くが、そこも将来性が感じられず退職する。28歳になっていた。そしてついに、プロの大道芸人を目指そうと決意する。

 

「マグマが溜まるように、自分の中に大道芸への情熱が静かに溜まっていたんです」

 

 プロになってやがて10年。大道芸の団体に登録し、仕事も入るようになった。年収はサラリーマン時代と変わらないという。

 

「土日は必ずイベントに参加し、平日も1日か2日は仕事。 残りは芸の練習です。あとは週1日、運送のバイトをしています」

 

 37歳、連れ添うパートナーもいる。安定したサラリーマン生活を捨てた後悔は?

 

「ありません。たしかに大変なことも多いですが、人にやらされているわけじゃないですから。自分が選んだ仕事だから、頑張れるんです。間違いなく、当時よりストレスは減りました」

 

(週刊FLASH 2018年11月20日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年秋号
10月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月26日発売
表紙:与田祐希

詳細・購入