最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

ニッポンにある“外国”「神奈川・リトルサイゴン」を行く!ライフ・マネー 投稿日:2019.01.14 16:00

ニッポンにある“外国”「神奈川・リトルサイゴン」を行く!

いちょう団地の「団地祭り」

 

 食、宗教、言葉……異国の地で、同じ国の出身者が固まって住むのには理由がある。日本人と外国人が歩み寄って暮らしている神奈川県横浜市・大和市の通称「リトル・サイゴン」へ、日本の将来を考えるヒントを探しに行った。

 

 横浜市と大和市にまたがる神奈川県営いちょう団地周辺には、多くの外国人が住んでいる。なかでもベトナム料理を扱う店や食材店が4店、集中しているため、「リトル・サイゴン」ともいうべき様相を呈している。

 

 

 そんな飲食店のうちの1店、「バインミーヴィエ」の人気メニューは、店名の由来にもなった「バインミー(ベトナム風サンドイッチ)」だ。

 

「日本の人もたくさん来ます。日本人もベトナム人も、お客さんはみんな同じですよ」(同店を切り盛りするウティ・キムフクさん)

 

 1975年から1995年にかけ、ベトナム戦争終結後の迫害を恐れた多くのベトナム人たちが、小型ボートで周辺国に亡命した。

 

 ウティさんも、長さ9.6メートルの船に72人で乗り込み、海を越えて日本に逃れてきた。日本での苦労話を聞くと「昔のことはもういいです。日本はいい国。なにより安全だから」と笑うだけだった。

 

「10カ国以上の人たちが住んでいて、3世帯に1世帯が外国人世帯。そのうちベトナム人は178人です。

 

 1980年2月に、大和市に定住促進センターが開設され、『ボート・ピープル』と呼ばれるインドシナ難民の方たちが、隣接するこの団地に住むようになったんです。

 

 周辺には自動車関連の下請け工場も多く、彼らを受け入れる仕事先もありました」(いちょう団地連合自治会副会長の小松秋夫さん、以下同)

 

 団地にはゴミの出し方や騒音についてなど、複数の外国語で書かれた看板があちこちにある。こうした取り組みから、いちょう団地は「多文化共生」のモデルケースとして注目されている。

 

 だが、当初から日本人と外国人がうまく共生できたわけではなかった。

 

「トラブルは、挙げればきりがないほどありました。かつてはスープを取るためベランダで牛の骨をナタで叩いたり、鶏を絞めたりする人がいました。夜中までカラオケで騒いで、清掃にも参加しません。

 

 文化の違いとはいえ、彼らを『あいつら』呼ばわりする日本人もいました。でも、排除の論理になってはいけない、同じ人間として接しよう、と心がけました」

 

 最初に団地のイベントに外国人が参加したのは、1990年の餅つき大会。その後も交流会などを続けて徐々に互いの理解を深めてきた。

 

 そして1994年からは、地域の小学校、外国人を支援するNPO、行政などのバックアップを受け、「団地祭り」を開催するようになった。民族音楽が演奏され、各国料理の屋台が立ち並ぶ。

 

「外国人と暮らすなかで、何か問題が起きたら、我慢して溜め込まず、こちらの意図を相手に伝えることが大事だとわかりました。

 

 日本流の『わかってくれるはず』は通用しません。そのうえで、相手の国の習慣や文化を理解し、受け入れる寛容さが求められます」

 


(週刊FLASH 2019年1月22日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入