最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

ニッポンにある“外国”「東京葛飾・リトルエチオピア」を行く!ライフ・マネー 投稿日:2019.01.16 16:00

ニッポンにある“外国”「東京葛飾・リトルエチオピア」を行く!

日本―エチオピアの交流会

 

 食、宗教、言葉……異国の地で、同じ国の出身者が固まって住むのには理由がある。日本人と外国人が歩み寄って暮らしている東京都葛飾区の通称「リトル・エチオピア」へ、日本の将来を考えるヒントを探しに行った。

 

 都内に住むエチオピア人は160人余りだが、その半数近い80人が、葛飾区に住んでいる。下町の雰囲気があふれる、四ツ木駅近くにある1DKの古いアパートの1室が、NPO法人「アデイアベバ・エチオピア協会」の事務局だ。

 

 

「このへんは、家賃も物価も安い。小さな工場も多いので、仕事もあります。住民の方も気さくに、『元気?』なんて声をかけてくれます。

 

 このアパートの大家さんも、外国人だからといって、分け隔てがありません。とても住みやすい町ですよ」(理事のアベベ・サレシラシェさん)

 

 アベベさんは1996年に留学生として来日して22年。さまざまな仕事をしながら日本女性と結婚、永住権を得た。

 

「エチオピア人と日本人は、よく似ています。エチオピア人も挨拶では頭を下げ、敬語を使います。人に迷惑をかけないという考え方も同じです」

 

 協会では、地元住民とコミュニケーションを図るため、いろいろな工夫をしている。

 

「日本人との交流会を年に3回開催し、エチオピアの料理や文化を紹介しています。心がけているのは『コミュニティ』を作らないこと。

 

 我々、エチオピア人だけのコミュニティを作ると、日本社会と融和できない『水と油』の関係になってしまいますから」

 

 エチオピア人の努力を、下町の義理人情が支えている。


(週刊FLASH 2019年1月22日号)

 

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入