最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1534号
11月5日号
10月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第26弾】9月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

健康診断の基準値に騙されるな!「メタボ・脂質」の真実ライフ・マネー 2019.01.28

健康診断の基準値に騙されるな!「メタボ・脂質」の真実

 

 健康診断や人間ドッグの結果を見て、自分の血圧、血糖値、メタボ指数の数値と基準値の差に愕然とし、総合判定を見て深いため息。「おっさん世代」の年中行事である。しかし、ちょっと待ってほしい。その基準値、本当に正しいのだろうか?

 

「現在、日本の健康診断や人間ドックで用いられている基準は厳しすぎます。本来は健康である人を “病人” とし、無駄な投薬や治療をおこなっているのです」

 

 

 そう語るのは、医療統計学の専門家で、東海大学名誉教授の大櫛陽一氏だ。大櫛氏は2004年、70万人の健康診断結果から「本当の基準値」を導き出したという。

 

「男女別、5歳ごとの基準範囲を出しました。現在、多くの基準が性別や年齢を考慮しないものですが、これでは無駄な治療や異常の見逃しを招くことになりかねません」(大櫛氏、以下同)

 

 メタボ、コレステロールの「本当の基準値」を、現行の基準値とともに見ていこう。

 

 メタボは「BMI」と「腹囲」で判断される。BMIは、肥満度の目安で、「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で計算される。

 

「BMIについて、日本肥満学会が定めた肥満の基準は『25以上』ですが、国際的な基準は『30以上』です。

 

 日本人の成人肥満率は、国際基準にあてはめると3%ですが、日本基準にすると25%にもなります。3%では、学会に製薬会社などのスポンサーがつきにくいですが、25%なら多くのスポンサーが集まるわけです。

 

 国際基準の『30以上』になると、さまざまな病気により死亡率が高くなる報告が多数、ありますが、これを超えなければ心配なし。逆に、下限値以下のやせすぎに注意すべきでしょう」

 

【年代別・BMIの「本当の基準値」/現行基準は25以上が肥満】
・40〜44歳:18.1〜28.7
・45〜49歳:18.3〜28.8
・50〜54歳:18.4〜28.6
・55〜59歳:18.5〜28.3
・60〜64歳:18.6〜28.2
・65〜69歳:18.5〜28.5

 


 一方腹囲は、男性85センチ、女性90センチ以上でメタボの判断基準となるが……。

 

「測定方法や基準が、国際的な批判を浴びています。中年男性なら、5割が引っかかる数値。住民追跡調査などでは、小太りの人のほうが元気で長生きします。肥満の国際基準に該当する100センチまでは気にする必要はありません」

 

【年代別・腹囲の「本当の基準値」/現行基準は85cm以上が肥満】
・40〜44歳:70〜100センチ
・45〜49歳:70〜100センチ
・50〜54歳:71〜100センチ
・55〜59歳:71〜99センチ
・60〜64歳:72〜98センチ
・65〜69歳:72〜99センチ

 

 

 続いて、コレステロールについて。「健康の敵」のように扱われているコレステロールだが、大櫛氏によれば「細胞膜やホルモンの材料として、体に欠かせない物質であり、数値が高くても問題なし」という。

 

 LDL-Cは一般的には「悪玉コレステロール」、HDL-Cは「善玉コレステロール」とされるが……。

 

「善も悪もなく、それぞれに役割があります。LDLは測定誤差が非常に大きく、測る価値さえありません。欧米では、すでにコレステロール値を下げることに意味がないことは常識です」

 

【年代別・LDL-Cの「本当の基準値」/現行基準は120以上が危険】
・40〜44歳:65〜181
・45〜49歳:67〜183
・50〜54歳:67〜185
・55〜59歳:68〜186
・60〜64歳:72〜183
・65〜69歳:72〜180

 

【年代別・HDL-Cの「本当の基準値」/現行基準は39以下が危険】
・40〜44歳:28〜79
・45〜49歳:32〜75
・50〜54歳:31〜77
・55〜59歳:27〜84
・60〜64歳:26〜85
・65〜69歳:29〜81

 

【年代別・総コレステロールの「本当の基準値」/現行基準が220以上が危険】
・40〜44歳:139〜265
・45〜49歳:142〜267
・50〜54歳:144〜269
・55〜59歳:144〜269
・60〜64歳:143〜267
・65〜69歳:143〜265

 


 また、中性脂肪はしばしば肥満の原因とされる。

 

「血中の中性脂肪は、1日のなかでも大きく変動しており、数値を気にする必要はありません。国際基準では、心筋梗塞の既往歴がない人の場合は『999以下』が正常範囲。1000を超えると、急性膵炎のリスクが出てきます」

 

【年代別・中性脂肪の「本当の基準値」/現行基準は150以上が危険】
・40〜44歳:13〜172
・45〜49歳:7〜194
・50〜54歳:6〜180
・55〜59歳:1〜179
・60〜64歳:20〜163
・65〜69歳:19〜161

 


モデル・保崎麗

 

※数値は大櫛陽一著『健康診断「本当の基準値」完全版ハンドブック』より抜粋(男性のデータです)

 

(週刊FLASH 2019年2月5日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入