最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1540号
12月17日号
12月3日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

旨さに思わず感嘆符「駅ラーメン」東京・西新井ラーメンライフ・マネー 投稿日:2019.02.15 16:00

旨さに思わず感嘆符「駅ラーメン」東京・西新井ラーメン

 

 駅で手軽に食べられる「駅ラーメン」は、意外にも本格派揃い。 そこには、「ガッツリ系」がつらくなってきた中年男性にとって、シンプルで食べ疲れない一杯がある。駅そばの地位を脅かす、侮りがたき「駅ラー」の魅力を、B級グルメ研究家の鈴木弘毅が語り尽くす!

 

「今、『駅ラーメン』がアツい。『駅そば研究家』として日々探究するなかで、近年、メニューにラーメンを取り入れる店が増えていると実感する。鉄道系列会社が運営するラーメン専門店も増えているのだ。

 

 

 しかし、たんに駅ナカにラーメン店があるだけでは、駅ラーメンとは呼べない。駅そばと同様に、『大衆に、地域に、そして鉄道に寄り添うものでなければならない』と考えている。

 

 もっとも駅ラーメンの呼称がふさわしい店は、東武スカイツリーライン西新井駅のホームにある。1968年創業の『西新井らーめん』だ。

 

 ホーム上の島式店舗で、客席は厨房を囲む吹きさらしの立ち食いカウンターのみ。モウモウと湯気が立ち込める中に、常に黒山の人だかりができている人気店だ。

 

 鶏のコクと野菜の旨味で満たされた醬油スープは、ひと口で満足させるのではなく、全部食べ終えたところで『あ~、うまかった』とひと息つきたくなる。やさしく懐かしい味わいだ。

 

 オーナーの中村一彦さんは、『父が創業してから50年間、味を変えず、店内で毎日スープを作っています。化学調味料は使いません』と話す。

 

 そして、『食券制の飲食店は、ウチが最初だと思います』と続ける。鉄道利用者が急増した1960年代に、切符の販売が、有人窓口から自動販売機に転換されていった。この切符販売機を、飲食店に応用できないかと考えたのだ」

 

【SHOP DATA/西新井らーめん(東京)】
●ラーメン:500円(税込み)
「ワンタンメンも人気があるが、まずはベーシックなラーメンから押さえたい。鶏のコクと野菜の旨味が折り重なり、奥深い味わいを楽しめる」

 

アクセス:東武スカイツリーライン「西新井駅」3、4番線ホーム


取材&文&写真・鈴木弘毅

 

すずきひろき
1973年生まれ 埼玉県出身 駅そば、道の駅、スーパー、日帰り温泉など、旅にまつわるさまざまなB級要素を研究。なかでも、訪れた駅そば店は3000軒以上

 

(週刊FLASH 2019年2月19日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入