最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1566号
7月14日号
6月30日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月26日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

就活女子が激辛査定「加熱式たばこ」ぜんぶ嗅ぎ比べた!ライフ・マネー 投稿日:2019.02.28 12:00

就活女子が激辛査定「加熱式たばこ」ぜんぶ嗅ぎ比べた!

 

 従来の紙巻たばことの比較で「健康懸念物質90%以上カット」をうたい、喫煙者内でシェアを伸ばし続けているのが、「加熱式たばこ」だ。

 

 ここ数年、紙巻が毎年ダウントレンドにあるなか、加熱式については、2017年の国内市場は、前年の2.8倍近くの6000億円にのぼる、というデータが報道されている。

 

 

 一方で、2020年の東京オリンピックを目前に控え、東京都をはじめとする地方自治体はますます「受動喫煙対策」に力をいれ始めている。紙巻/加熱式にかかわらず、居酒屋などの飲食店をふくめ「原則として屋内全面禁煙」「喫煙専用室(飲食不可)設置義務」という方針にシフトしつつあるのが現状だ。

 

 しかし、すべての煙を「たばこ」と一括りにしていいものだろうか。においの影響を考えたとき、加熱式たばこなら、種類によって「許せる/許せない」の境界線があるのではないか。

 

 加熱式たばこは、大きく2つのタイプに分けられる。約200℃以上で加熱する「高温加熱型」と、30℃~40℃で加熱する「低温加熱型」だ。

 

 どちらも吸いこんで吐き出すのは、「たばこベイパー」と呼ばれる蒸気。高温加熱型は、仕組み上、紙巻たばこに近い味わいを売りにしており、低温加熱型は、においの少なさや、風味の豊かさ、品種の豊富さを売りにしている。

 

 そこで、たばこを吸わない就活中の女子大生5名に実験協力を依頼し、加熱式たばこのOKラインを探ることにした。実験方法として、喫煙可の喫茶店で横の席に座り合わせた状況をつくり、隣で喫煙する方式をとった。

 

 非喫煙者ながら、締切直前や面接前にはやむを得ず、「喫煙可の状況でエントリーシート(履歴書)を書かなければならない」ジレンマと日々戦っている彼女たち。実験結果とともに、生声をお届けしよう。

 

 

アイコス

グロー

プルーム・エス

 

 まず、高温加熱型の方から。機種としては、一番最初に発売され、シェアトップを誇る「アイコス/IQOS」と、ここ1年でキャンペーン的に本体価格を下げて販売台数を増やしているシェア2位の「グロー/glo」、そして2019年1月末に専門店とWEBストアで発売されたばかりの「プルーム・エス/Ploom S」の3つがある。

 

 結果は以下の通りだった。

 

●グロー/一部許せる
「完全にたばこっぽい、焦げ臭いです」(Cさん)
「シトラスっぽい香りのやつ、ニオイが混じって余計集中できない」(Eさん)
「メンソールは許せる」(Aさん、Bさん、Dさん)

 

●アイコス/許せない
「喉痛い、普通のたばこです」(Aさん、Cさん、Dさん、Eさん)
「確実にたばこだけど、グローより薄いニオイ」(Bさん)

 

●プルーム・エス/一部許せる
「薄いけどたばこのニオイがします」(Cさん)
「イソジンっぽいニオイが気になります……」(Bさん)
「耐えられなくはないです」(Aさん、Eさん)
「ほのかにチョコの香りが……ちょっといいかも」(Dさん)

 

プルーム・テック

プルーム・テック・プラス

 

 続いては、低温加熱型。機種としては、2018年6月に全国発売が開始された「プルーム・テック/Ploom TECH」と、2019年1月末に専門店とWEBストアで発売されたばかりの「プルーム・テック・プラス/Ploom TECH+」の2つがある。

 

 結果は以下の通りだった。

 

●プルーム・テック/許せる
「全然気になりません」(Aさん、Bさん、Cさん、Dさん)
「『梨フレーバー』とか、清涼感ありますね」(Eさん)

 

●プルーム・テック・プラス/許せる
「全然気になりません」(Aさん、Cさん)
「チョコの香りがしていい!」(Bさん、Dさん)
「隣で吸っていると、アロマみたいです」(Eさん)

 

 2タイプの結果をまとめたのが以下である。

 

・許せる/プルーム・テック、プルーム・テック・プラス
・一部許せる/グロー、プルーム・エス
・許せない/アイコス

 

 低温加熱型であれば、隣で就活書類を書くのに集中している、女子大生の邪魔にならないのかも。協力してくれた5名はみな口々に、「いままで『全部同じで全部イヤ』と思っていましたが、意外とそれぞれニオイが違って、許せるものもあるんですね」とこぼしていた。

 

 とはいえ、われわれが喫煙する状況はケースバイケースで変わる。喫煙は、他人の嫌悪感を買わないように、気持ちよくしたいものである。

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入