最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1547号
2月11日号
1月28日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】12月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【食堂のおばちゃんの人生相談】50歳・公務員のお悩みライフ・マネー 投稿日:2019.03.22 11:00

「食堂のおばちゃん」として働きながら執筆活動をし、小説『月下上海』で松本清張賞を受賞した作家・山口恵以子。テレビでも活躍する山口先生が、世の迷える男性たちのお悩みに答える!

 

【お悩み/巌さん(50)公務員】

 

 パソコンを使って20年以上になるが「ブラインドタッチ」ができない。打つスピードは速いので、不自由はしていないが、できる人たちからは「効率が悪い」「覚えればもっと速くなる」と言われる。覚えたほうがいいのか、よけいなお世話と割り切ったほうがいいか、どちらだろう。

 


【山口先生のお答え】

 

 そりゃ「余計なお世話」に決まってますよ! そもそもブラインドタッチとは「キーボードを速く打てるように」開発された方法です。それなら今現在、結構スピーディに打てる巌さんが、わざわざ時間を使って覚える必要なんかないはずです。

 

 それに、50過ぎて何か新しいことを覚えるのは大変で、ストレスの元です。何の不自由もないのに新たなストレスを抱えるなんて、バカらしい限りです。そんなことを勧める職場の人たちも無責任だし、思いやりに欠けていると思います。

 

 じつは私も、ブラインドタッチには苦い思い出があります。ワープロからパソコンに替えたとき、もらい物だったので、ひらがな打ちからローマ字打ちに変えねばならず、非常に苦労したのです。

 

 当時宣伝していた「特打」というソフトを買って練習しようとしたら、間違えて上級者用を開いてしまい、全然出来ずに泣きました。

 

 その後、友人が別の簡単なソフトを入れてくれて、多少は上達したのですが、私も巌さんと同じく、未だにブラインドタッチは出来ません。

 

 それでも私の原稿の速さは業界でも有名で、エッセイの注文がメールで来ると、2時間後の返信メールには完成原稿を載せているほどです。だから、ブラインドタッチなんかくそ食らえですよ! 


やまぐちえいこ
1958年、東京都生まれ。早稲田大学文学部卒。就職した宝飾会社が倒産し、派遣の仕事をしながら松竹シナリオ研究所基礎科修了。丸の内新聞事業協同組合(東京都・千代田区)の社員食堂に12年間勤務し、2014年に退職。2013年6月に『月下上海』が松本清張賞を受賞。最新刊『おばちゃん介護道』が発売中

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入