最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

相続トラブルなぜ起きる「結離婚を繰り返した男」4人の元嫁が…ライフ・マネー 投稿日:2019.03.25 16:00

相続トラブルなぜ起きる「結離婚を繰り返した男」4人の元嫁が…

 

 少子高齢化や核家族化が進む現代では、遺産をめぐる争いの数は確実に増えている。なかには、結婚・離婚を繰り返し、遺産相続が複雑化するケースも。一般家庭の事例を例に、相続問題について学ぶ。

 

 相続問題に詳しい、木野綾子弁護士はこう話す。

 

「後妻がすごく若いと、その現在の妻と、前妻の子供が同世代だったりすることがあります。もとから揉めやすいパターンなのに、よけいに複雑になるんです。

 

 

 妻の相続分は常に2分の1なので、『年が近い他人に、どうしてこんなに持っていかれるのか』と、どうしても感情的になってしまうのです」

 

 木野弁護士が扱ったなかには、こんな事例もあるというから驚きである。

 

「4回結婚して、4回離婚された方がいて、亡くなったときは独身。4人の元妻にお子さんがいらっしゃるんですが、若くして亡くなったので、お子さんはすべて未成年。この場合、母親が相続代理人となります」(木野弁護士・以下同)

 

 このケースでは、4人の元妻たちが代理人として相続を争った。


 元夫の遺産を、別れた女たちが争うとは、恐ろしい……。

 

「婚姻期間は関係ないので、この場合は6人のお子さん全員に、同等の相続権があり、6分の1ずつになります。ところが、『私は養育費をもらっていなかった』とか、『あなたの不倫のせいで離婚したから慰謝料を払え』など、元妻たちは感情にまかせてものを言います。現実はすごいです」

 

 人これを、修羅場という。


(週刊FLASH 2019年2月26日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入