最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1530号
10月1日号
9月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第25弾】8月30日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

江本孟紀「最愛の純喫茶グルメ」東京・浅草のオム焼きそばライフ・マネー 2019.06.24

 

 昭和から続く、「純」粋な「喫茶」店、いわゆる純喫茶。チェーン店にはない発想やひと手間で独自の進化を遂げ、大人の男たちを魅了し続けている、“オアシス” だ。そんな純喫茶にいま、若い女性が殺到しており、密かなブームになっているという。

 

 純喫茶に魅了され続けている、プロ野球解説者の江本孟紀さん(71)に、「最愛の一皿」を語ってもらった。

 

 

「僕の出身地の高知県は、人口あたりの喫茶店数が日本一なんですよ。働くお母さんが多いから、お父さんは早朝から営業している店で、トーストと味噌汁のモーニングを食べて出勤。名古屋? 高知に比べたらまだまだ(笑)」

 

 高知愛が強い江本さん。純喫茶の思い出は、高知商業高校時代に遡る。

 

「野球部の監督の家が、喫茶店を経営していたんですよ。だからよく飯を食わせてもらってた。

 

 法政大学時代、社会人時代もよく、甘味メニューが豊富な純喫茶に行ってました。僕、お酒が飲めないので、コーヒーが大好き。純喫茶がなくなったら生きていけない(笑)」  

 

 浅草に事務所を移転した3年前から通っているのが、デンキヤホール。100年前に開業した電気店を、太平洋戦争で戦地に赴く先代が、「女性でも仕事ができるように」とミルクホールにしたのだという。「よしもと浅草花月」も近いため、芸人もよく来店する。

 

「元祖オムマキ(650円)は、ぜひ一度は食べてもらいたいね。それと、ふわふわの卵焼きが美味しいタマゴサンド(600円)。お土産にしてもらうこともあります」

 

 オムマキは、オムレツの中にソース焼きそばが入った、大正時代から続くメニューだ。

 

「純喫茶は落ち着きますよね。カウンター越しに、お店の人と話したり、ボーッとしながら隣に座るおばちゃんたちの会話を聞いたり。お店の人もお客さんも、純喫茶に集う人は、みんな家族です」

 

えもとたけのり 
高知県出身 1971年、東映入団。南海、阪神で活躍。通算勝利数113勝。引退後は、参院議員を2期12年務めた

 

【SHOP DATA】
●デンキヤホール(東京・浅草)
・住所:東京都台東区浅草4-20-3
・営業時間:9時~21時 
・休日:水曜日
・備考:
 タマゴサンドは、たまごの味もしっかり。お土産にも最適

 

(週刊FLASH 2019年7月2日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月19日発売
表紙:山下美月

詳細・購入