最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1541号
12月24日号
12月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

12時間ぶっ通しで塗装「ガンプラ日本一男」僕はこれで勝ったライフ・マネー 投稿日:2019.12.02 06:00

12時間ぶっ通しで塗装「ガンプラ日本一男」僕はこれで勝った

 

「この部屋は、自分にとっていちばん落ち着く空間であり、何か新しいものが生み出せるような、ワクワクが味わえる空間です。

 

 ガンダムガンプラも、歴史がとても長いので、そのなかでもまだ誰も見たことがないようなものを、自分の好きだと思える形で制作することを心がけています」

 

 

 2019年の「ガンプラビルダーズワールドカップ」(以下、GBWC)日本大会を制したRe-taさんの自宅の制作部屋は、さながら職人の工房だった。机には塗装用の工具がびっしりで、「数年間かけてコツコツと買い揃えました」(Re-taさん)という。

 

優勝作品の制作期間は、だいたい6カ月くらい。仕事から帰って夜寝る前に進めたり、休みの日は塗装だけを12時間ぶっ通しでやったり。思いどおりにいかないこともあるし、失敗も何度もしました」

 

 GBWCにエントリーされた作品は、工作、塗装、アイデアの3項目で採点、評価される。日本一に輝いた彼の作品を、審査員はこう評した。

 

「まずは、『見た目のインパクト』。これが世界に出るうえでは大事な評価ポイントになる」

 

 加えて、「ミキシングのセンス」「スジ彫りなど細かなディテールアップの加工」などが、総合的に高く評価された。

 

 ミキシング(ミキシングビルドともいう)とは、おもに「ほかのガンプラの、関節の接合部を利用して、手や脚などを丸ごと交換し、自分好みのオリジナル機体を作る」こと。

 

 一方スジ彫りとは、「パーツの表面に線を彫ることで、見た目に精密感を出し、グレードアップしたように見せる技法」のことで、近年のガンプラ作りでは浸透している技法だ。

 

優勝作品の試作品

 

 Re-taさんの作品は、どうミキシングされたのか?

 

「ガンダム本体には、『ガンダムアストレイブルーフレームD』の装備を中心に、バージョン違いのアストレイのパーツを使用。ドラゴンのベースはGガンダムの『風雲再起』、頭はSDガンダムのアストレイシリーズのほか、複数の機体のパーツを使用してます」

 

 第1次ガンプラブームの30年前に、ファーストガンダムのプラモを素組みで作っていた世代には、なんとも隔世の感がある。

 

「僕にとってガンプラは、自分の好きなものを形にして、表現できるコンテンツのひとつ。ガンプラを通してできた仲間や、妻と出会ったのも、ガンプラという共通の趣味のおかげです」

 

 いっちょガンプラ、作ってみますか!

 


(週刊FLASH 2019年12月10日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入