最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1541号
12月24日号
12月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

お値段2000円、本誌アラフィフ記者が精液検査を受けてみた夜バナ 投稿日:2018.05.02 20:00

お値段2000円、本誌アラフィフ記者が精液検査を受けてみた

 

 あるデータがある。都内のクリニックが約600人もの精子の濃度や運動率を調べたところ、17%が基準を下回っていたというのだ。精子の「劣化」である。

 

 JR千葉駅前の「高橋ウイメンズクリニック」の市川敬一教授に精液検査をお願いしたのは、不健康な生活を続ける本誌アラフィフ記者。

 

 まずは問診。問診表に喫煙や飲酒、病歴、パートナーなどについて記入する。

 

「パートナーの排卵日についても聞きます。排卵日が近ければ、ここで射精するのではなく、セックスしたほうがいい場合もありますから」(市川教授)

 

 そして、精液を入れるカップとそのカップを入れる封筒を手に、2部屋ある「採精室」の一室へ。狭い。AVがある病院やクリニックもあるというが、ここは「本」のみだ。だが、ペラペラ見ているうちに本誌記者はカメラマンに告げた。

 

「ちょっと、一人にさせてください」

 

 コトが終われば、廊下に出てチャイムを押して検体を提出。「1、2時間で結果は出ます」(市川教授)。というわけで結果報告をします。

 

 1ミリリットル中の精子の数は1億6200万個、運動率は53%。数は基準値の10倍以上。運動率も問題なし。精液の量が基準値よりもやや少なかったのは、まあ、よしとしたい。意外な結果にひと安心。

 

 超音波検査などもしてもらえるが、今回のような精液検査のみだと、初診であっても約2000円ほどだ。パートナーと一緒に訪れる男性が多いという。ご心配な方は是非。
(週刊FLASH 2018年4月10日号)

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入