最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1447号
11月28日号
11月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月10日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第4弾】10月13日より発売中!今回は手島優と山地まり。

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】金物店のミーライフ 2017.08.26

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】金物店のミー

 

 江戸時代、武器庫が置かれていたことからこの名前がついたという、高松市内の「兵庫町商店街」。石崎金物店は、1952(昭和27)年創業の老舗だ。店内には数え切れないほどの調理器具が並んでいる。ここは、プロの料理人から一般の主婦まで幅広い客層が訪れる、調理道具の専門店なのだ。

 

 その店先には、年季の入った1個の鍋が。これは売り物ではなく、三毛猫のミーが中に入って寝るための「ベッド」のようなもの。

 

「ミーは、昨年11月に亡くなった先代の社長が、2004年の秋に保護したんです。近所のパチンコ店で、モップを洗ったバケツの水を飲んでいるところでした。当時3歳くらいで、顔はただれ、体はノミだらけ。先代の社長がすぐに病院へ連れていきました」(現社長の佐名洋子さん・以下同)

 

 元気になったミーは、たくさんの調理道具が並んだお店で暮らすように。とくに中華鍋の中で寝るのがお気に入りで、そんな「鍋ねこ」姿が買い物客らのハートを捉え、商店街の人気者になっていった。

 

 また先代社長、現社長をはじめ、大のねこ好きがお店に揃っていたため、いつからか馴染みの買い物客や知人から「保護したねこの飼い主を見つけてほしい」などと相談を受けるようになったという。

 

「やむをえずという場合に限りますが、これまでに約50匹の飼い主を探してきました。新しい飼い主さんから『こんなに大きくなりました』と写真が送られてくることもあります。幸せに暮らす姿を見ると、いい飼い主さんに巡り会えてよかった、と思います」

 

 店には現在、ミーのほかに5匹のねこが飼われ、気ままにお店の中を歩き回っている。こちらの6匹も、もらわれていった50匹に負けず劣らず、幸せそうな様子なのだ。

 

(週刊FLASH 2017年5月30日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2017年秋号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

プラチナフラッシュ Vol.1
9月28日発売

詳細・購入