最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1538号
12月3日号
11月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

連載

連載

【木村和久のぶらり艶旅】新横浜編連載 投稿日:2016.06.03 21:10

  新横浜は新幹線の駅として発展した街で、横浜の西口や関内のキャバクラの系列店が多い。しかも、街がきれいで、出張族が銀座や六本木より敷居が低いと訪れるから、たいそうな盛り上がりだ。

 

 風俗は、駅のはずれにラブホ群があるので、ホテヘルが繁盛している。でもホテルを使うと風情がなくなり、どこの街だかわからなくなるので、今回はパス。基本に忠実にランジェリーパブに行くことにした。

 

 ふらりと入ったその店は、ランジェリーが凝ってて、ゴージャス。隣の席に座ったコは、黒のレースじゃありませんか。いや〜「目のやり場に困らない」とは、このことよ。

 

 ランパブは、パンモロだが、ひと手間加えると、いっそう風味が増す。いただいたおしぼりを、広げて、彼女の膝にパラリ。即席のミニスカートをこしらえ、それを横から覗く。う〜ん、見事なパンチラだ。

 

「キミのパンティは黒だね」と言うや、「なんか、そうやって見られると恥ずかしいわ」と、言うではないか。パンツ丸出しより、おしぼりで隠したほうが恥ずかしい。

 

 そうか、じゃ全部脱いだら、恥ずかしくないかもよって、それは無理だっちゅうの。

 

 ランパブの命は、品のいい下着を愛でること。それを酒の肴に、トークも冴えわたる。今回は、格好のネタをショーンK様からいただいたので、「ホラッチョK」として、攻めさせていただく。

 

「お客さん、だいぶ飲み慣れているようですね」と、さっそく話を振ってきた。

 

「わかる? そりゃね、『パンチェッタ・痔ろうかも』って、言われるぐらい、おしりが痛いのよ、じゃなくて、遊んでいるわけよ〜」。

 

 もう、つかみはばっちり。ショーンK様の魂が乗り移ったように、マシンガントークが炸裂だ。

 

「テンプラ大学、クンニー学科卒だから、いったい何勉強したんだか」

 

 そんなアホなことを、延々しゃべり続けているんだが、ラン パブ嬢はじつに冷静だった。

 

 大笑いしながらも、話の合間に「ドリンクいただいていいですか」「おかわりいいですか」「呼ばれたんですけど、場内指名いただいていいですか」と、合いの手を入れてくる。お前、話聞いてんのか〜。

 

 キャバクラは、惜しみなく体力とおカネ(1h1万2000円也)を奪う。このもやもやした気持ちは、次回の大爆発を暗示しているのかもしれない。

【関連記事】

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入