最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1646号
5月31日号
5月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月13日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

元“カリスマキャバ嬢”エンリケが訴えられた…FCオーナー「売り上げは説明の10分の1」怒りの告発に本人が大反論100分

芸能・女子アナ 投稿日:2022.01.18 18:00FLASH編集部

元“カリスマキャバ嬢”エンリケが訴えられた…FCオーナー「売り上げは説明の10分の1」怒りの告発に本人が大反論100分

100分間にわたり取材に応えたエンリケ

 

 3日で2億5000万円を売り上げた実績を持つ名古屋の元カリスマキャバ嬢にして、2019年11月にキャバ嬢を引退後は、実業家に転身したエンリケ氏(34)。

 

 そんな彼女の会社「エンリケ空間」が、2020年秋に新規事業としてスタートさせたのが「セルフエステ エンリケ」だ。小資本で開業できることを謳い文句に、「1年で全国100店舗を目指す」とエンリケ氏本人のSNSでフランチャイズを募集した。

 

 

 その目論見どおり、彼女のフォロワーでもある30~40代の女性が、続々とフランチャイズ店舗のオーナーであるフランチャイジーに名乗りをあげ、加盟店は全国115店舗を突破したが……。

 

 スタートから1年あまりが経過した今、加盟店の元オーナー6人が「1000万円を超える損害を被った」として、訴訟を起こすという。元オーナーたちの訴訟を担当する、NN赤坂溜池法律事務所の山口愛子弁護士が語る。

 

「2022年1月、エンリケ氏を訴えました。

 

 まずフランチャイジーは、出店するにあたって加盟金200万円あまりを支払っています。加盟店募集のプレゼン資料では、『1件最短10分で2980円稼げます!』『月間で858万円以上可能!!』などと謳っているのですが、訴訟提起した原告らのうち、実際にはもっとも月の売り上げがいい方でも最高70万円程度でした」

 

 実態は、最高でも当初のプレゼン資料の10分の1以下の売り上げしか得られなかったという。しかしこの数字は、フランチャイジーの怠慢などではない、と山口弁護士は続ける。

 

「しかも、その70万円の売り上げの半分以上は、途中で導入され、本部が積極的に売るよう通知していた、『一生コース』という15万円から30万円程度の高額なチケット販売からでした。それを購入したお客さんは、そのチケットを買えば該当のセルフエステのコースを以後ずっと受け続けられるというものです。

 

 つまり、同じお客さんに1度売ったらそれきりのチケットになります。『一生コース』を売り続ければ経営は破綻します。店舗によっては『一生コース』を売ったとしても、売り上げ額は月たったの数万円から20~30万円程度でした。

 

 このように、店舗の経営自体続けられるものでありませんから、『一生コース』を購入したお客さんも支払った金額が無駄になっていると言わざるを得ません。

 

 実際、原告らのなかには、店舗を運営できなくなった後、『一生コース』を購入したお客様がエステを受けられなくなってしまったことに責任を感じ、自身で多額の返金に追われた方もいます」

 

 プレゼン資料と店舗経営の実態の齟齬は、これだけではなかった。

 

「エンリケ氏のSNSで『あなたのお店を宣伝するので集客体制は万全』と謳っておきながら、エンリケ氏のInstagramでおこなわれたのは、24時間で投稿が消えるストーリーを各店舗あたり2回流したのみ。

 

 エンリケ氏は各店舗に1度だけ来店したそうですが、滞在時間は1時間にも満たない短時間でした。加盟するだけさせておいて、アフターフォローなどもほとんどありません。

 

 今回、訴えた全員が出店から半年足らずで、大赤字で閉店せざるを得なくなった状況です。我々としては、加盟者に対する当初の説明が、明らかに『情報提供義務違反』であると考えております」(山口弁護士)

 

 情報提供義務違反とは、契約当事者間の情報や専門的知識に大きな差がある場合に、説明義務を怠る不法行為だ。

 

「フランチャイジーを募集する際は、調査に基づき、ある程度合理的な数字を示す必要があったのに、『エンリケ空間』はそれを怠っていたと考えています。たとえば、こうしたエステサロンなどの場合、顧客数などには地域差があってもおかしくありませんが、そうした指摘すらもありませんでした。

 

 訴えを受け、2021年12月、訴訟に先立って東京地裁が仮差し押さえ命令を『エンリケ空間』に出しました。これは、『エンリケ空間』が被害者に対して損害賠償できるようにするためです。東京地裁も不法行為があったことをある程度認めている、と私は認識しています」

 

( SmartFLASH )

続きを見る
123

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入