最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

M-1準優勝したオードリー「敗者復活だからこその勝利だった」芸能・女子アナ 投稿日:2017.11.30 16:00

M-1準優勝したオードリー「敗者復活だからこその勝利だった」

 

 11月25日放送の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)にて、お笑い芸人のオードリーのふたりが、「M-1グランプリ2008」に出場したときの思い出を語っていた。

 

 この大会では、オードリーは準優勝。準決勝で敗退しながらも、決勝当日、大井競馬場で行われた敗者復活戦で勝利し、決勝にすべりこんだのが功を奏したと、若林正恭が言う。

 

「準決勝からそのまま決勝行ってたらさ、あの感じはできなかったでしょ? (すんなり決勝に進出して)イスに座って一点みつめて、自分の順番を待ってたら、ああいう弾け方じゃないと思うよね」

 

 決勝の会場に着いてから、息をつくヒマもなく、「エレベーターに乗ってください」と言われ、舞台へ向かったとか。

 

 なんでも、会場に到着したら、前の組のキングコングがネタを披露中だったと、当時を振り返る。

 

「そう。それで、上にせり上がりのやつ(舞台装置)に、『乗ってください、早く』って言われてだったもんね。スタジオ入って座らなかったもんね。スタジオに入った瞬間、『あれ? なんか空気違うな』って感じしたよな? シーンとしてたもんな。同じお笑いでも、違うもんだなって思った」(若林)

 

「そうね。けっこう敗者復活は大井競馬場だけお祭りみたいだもんね。イベントみたいな感じだったけど。緊張感あったね、スタジオの方は」(春日俊彰)

 

 さらに、こうも語っていた。

 

「実質、M-1決勝の場に25分くらいしかいなかったんじゃないの?」(若林)

 

「そうじゃない? だってあれ、順番最後だもん。あんまり覚えてないね。番組出てたの、本当にケツの数十分くらいだよね」(春日)

 

 準優勝だったオードリーは、この大会後、大ブレイクし、優勝したNONSTYLEよりも多くの番組に出ることとなった。25分だけしか番組に出ていないにもかかわらず大躍進で、まさにシンデレラストーリーといえるだろう。

 

 今年のM-1グランプリでは、新たなシンデレラストーリーは生まれるだろうか?

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入