最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1540号
12月17日号
12月3日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

「EXILE」を生んだHIROとATSUSHIやんちゃな学生時代芸能 投稿日:2016.05.03 06:00

「EXILE」を生んだHIROとATSUSHIやんちゃな学生時代 

 

「僕たちが(開会式の)中心にいられるように準備していきたい」

 

 2014年のあるイベントで、2020年の東京オリンピックについて聞かれると、EXILEのHIROは高らかに宣言した。1999年結成のJ Soul Brothersを改名するかたちで、2001年に誕生したEXILE。

 

 1990年代前半にヒットを飛ばしたZOOの元メンバーであるHIROが中心となり、『Rising Sun』などヒット曲を連発。史上最多となる4度のレコード大賞を受賞し、HIROが社長を務める事務所「LDH」は、E-girlsなど多数のパフォーマーを芸能界に送り込んでいる。

 

 それだけではない。天皇陛下御即位20年の式典で奉祝曲を歌ったり、東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳が集まる夕食会でショーを披露したりと、いまや“国民的グループ”の地位を不動のものとしている。

 

 そこで、彼らの学生時代に焦点をあててみよう。EXILEの象徴であるHIROは、酒やタバコは当たり前のやんちゃな高校生。「モテるための最短コース」として“ディスコの黒服”のバイトまでしていたという。

 

 2001年に新ボーカルとして加入し、いまやEXILEの顔となったATSUSHIも、やんちゃだった。当時の同級生がこう話す。

 

「休みになると、茶髪や金髪にして、顔も焼いていました。六本木のクラブに、よく遊びに行きましたね。一緒に学校に行くとき、電車の中でタイプのコを見つけると、そのコが下車する駅まで追いかけて、学校に遅刻することもありました(笑)。ガングロや年上が好みで、当時のカノジョは学習院女子のコでしたね」

 

 高校2年のときには、同級生がバイク事故で亡くなる悲劇が起こった。

 

「ATSUSHIと一緒に葬式に行きました。最寄り駅の近くにあった和菓子屋さんに入り、私たちはなぜかお赤飯を買って、食べながら葬式会場に向かいました(笑)。

 

 そのとき、ATSUSHIは歩きながら、小声で『人の人生ってはかないな……』とつぶやいたんですよ。葬式の帰りには無性に歌いたくなって、みんなでカラオケボックスに行きました。彼は尾崎豊の曲を歌っていましたね。今でも、お線香をあげに行っているそうです。熱い男で、友達思いです」(同)

 

 全国のヤンキーの憧れの的であるEXILEは、どう“成長”を遂げていったのか。彼らを語るうえで、エイベックスの松浦勝人社長の存在は欠かせない。

 

 もともと、松浦氏とHIROは同じ横浜市立金沢高校出身。年は5歳離れているが、大学生の松浦氏がアルバイトをする貸しレコード店に、高校生のHIROが頻繁に訪れ、親交を深めた。

 

 1995年のZOO解散後、行き場のなかったHIROに手を差し伸べたのが松浦氏だった。その後、J Soul Brothersを結成したときも、EXILEとして再出発するときも、松浦氏のエイベックスからデビューしている。

 

 その松浦氏の後押しもあり、2002年、メンバー6人が資本金50万円ずつを持ち寄り、「エグザイル エンタテインメント」を設立。 『Choo Choo TRAIN』がヒットした翌年には、モデル事務所「スリーポイント」と合併し、松浦勝人氏も取締役に名を連ねる「LDH」が立ち上がった。

 

 こうして、EXILEの快進撃が始まるのだ。

 

(FLASH+ 2015年5月5日号)

【関連記事】

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入