最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1583号
12月8日号
11月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月24日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

佐藤ゆかり、本誌記事に逆ギレ「相棒」秘書官に異例の人事

社会・政治 投稿日:2020.05.25 06:00FLASH編集部

佐藤ゆかり、本誌記事に逆ギレ「相棒」秘書官に異例の人事

 

「5月1日付のある人事に、環境省内がざわついています」
 そう話すのは、環境省の職員だ。ある人事とは、佐藤ゆかり環境副大臣(58)の事務秘書官を務める梁瀬達也氏が、環境再生・資源循環局で、福島の除染事業を担当する部署に異動になったことを指している。

 

 

 梁瀬氏は、2006年に入省した30代のキャリア官僚で、2019年9月に、佐藤議員が副大臣に就任したのにともない、秘書官になった。

 

「通常、事務秘書官は、大臣が交代するまで変わりません。『梁瀬さんは仕事ができる』と評判でしたから、突然の異動に何かあったのかと、心配です。本人は『いろいろありまして』とにごすばかりですし……」(同前)

 

 いったい、環境省の若手ホープに何があったのか。

 

「『FLASH』の記事に佐藤議員が逆ギレしたんです(笑)」
 そう語るのは、環境省担当記者だ。本誌は4月28日発売号で、自民党の二階俊博幹事長(81)が通達した自粛要請を破り、佐藤議員が地元選挙区を行脚する様子を報じていた。

 

「大臣、副大臣、政務官という政務三役に関する記事が出る際は、危機管理対応のために内閣官房の内閣総務官室(内総)に、その旨を各省から報告するのが慣例になっています。

 

 だから今回も、梁瀬さんはいつもどおり内総に報告したんです。ところが、彼女はそれを『官邸にチクった』と、激怒しました。そして梁瀬さんを『秘書官から外せ』と、省の幹部に迫ったのです」(同前)

 

 環境省に取材を申し込むと「(そのような)事実はありません。必要に応じた人事異動です」と回答があったが……。

 

「『FLASH』から質問状が届くと、またもや彼女は幹部職員を呼びつけて、『(情報を)漏らしたのは誰だ!』と、激怒したそうですよ(苦笑)」(前出・記者)


(週刊FLASH 2020年6月2日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入