最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1570号
8月18日・25日合併号
8月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月28日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

コロナ禍で爆誕「ソープ嬢2.0」ノマド風俗で月収50万円!社会・政治 投稿日:2020.07.11 06:00

コロナ禍で爆誕「ソープ嬢2.0」ノマド風俗で月収50万円!

米倉涼子似のユミさん

 

《コロナが収束したら、ものすごく絶対おもしろいことがある。美人さんがお嬢(風俗嬢)やります》

 

 4月23日深夜、ナインティナインの岡村隆史(50)がラジオ番組で起こした舌禍事件から2カ月半。収束どころか、第2波襲来も現実味を帯びてきた。店の営業は再開したものの、青息吐息が続くのが、性風俗産業で働くセックスワーカーたち。

 

 

「岡村さんの発言は物議を醸しましたが、あの発言どおり、風俗デビューする女性は増えています。しかし、ソープランドの部屋数は限られているので、ソープ嬢たちの部屋の取り合いが起きているのです。

 

 あぶれた嬢たちの受け皿として増えているのが、“出稼ぎ嬢” です」(風俗スカウト)

 

“出稼ぎ嬢” とは、住んでいる場所から離れた地域の店へ働きに出る嬢のこと。店側は嬢を新人として売り出せるし、女性は身バレしにくい土地で働くというメリットがある。

 

 ネット上にも「保証金&寮完備」を謳い、出稼ぎ歓迎の求人が多数出ていたのだが、政府の緊急事態宣言の発令で、状況は一変する。

 

「県をまたいでの移動が制限されたことにより、行き場を失う “出稼ぎ嬢” が続出しました。彼女たちは、解除後に移動制限が緩和されると、ひとつの店に縛られることなく、客を求めて複数店舗で働くようになったんです」(同前)

 

 こうして新たに登場したのが、どこの店にも所属せず、地方を渡り歩く「ノマド」スタイルに活路を見出す、ニュータイプのソープ嬢だ。そのひとりが、風俗歴18年のベテラン・ユミさん(36)。

 

「 “出稼ぎ” を受け入れてくれる店があれば、全国どこへでも出向いて、2週間くらい “新人” として働いてます。宣言解除後は、そうやって全国をまわってきましたが、いまだに出稼ぎを嫌がる店も多いので、過去に店で指名してくれた日本中のお客さんと、直接会うようになりました」

 

「自宅は関東近郊にある」というユミさん。この1カ月ほどは、関西から西日本まで、地方遠征を繰り返す日々だという。取材当日は京都で会ったが、翌日は名古屋に移動するとのことだった。移動手段は、コロナ感染のリスクが低いカーシェアを使い、「車で寝泊まりすることもあります」(ユミさん、以下同)という。

 

「400人以上のお客さんとLINEを交換しているので、『×日から◯◯県にいます』と投稿すると、近くのお客さんが『△日に会いたい』と連絡してくれるんです。

 

 本当は、コロナで私もお客さんから感染するのが怖くて、店をやめようと思っていました。ところが、そのタイミングで抗体検査を受けたら『陰性』だった。そのことをLINEで皆さんに報告したら、あるお客さんから “依頼” があって。

 

 店を通さなくても需要があることに気づき、個人でも営業することにしました」

 

 ホテル代は客持ちで、週に3~4人の客と会い、月収は50万円近いという。
「今は気楽ですね。定期的に抗体検査も受けています」

 

 コロナ禍での怪我の功名か、“ソープ嬢2.0” が爆誕していた。

 

(週刊FLASH 2020年7月21日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入