最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

眞子さまに秋篠宮さまから下された「勘当」宣告! このまま結婚なら天皇皇后両陛下と“お別れ”もできず…

社会・政治 投稿日:2020.12.03 21:53FLASH編集部

眞子さまに秋篠宮さまから下された「勘当」宣告! このまま結婚なら天皇皇后両陛下と“お別れ”もできず…

写真:JMPA

 

 11月30日、55歳の誕生日を迎えられた秋篠宮さま。
 それに先立ちおこなわれた記者会見では、11月13日に眞子さまから「お気持ち」文書が発表されたことに関して、質問が集中した。

 

「それは結婚することを認めるということです」

 

 秋篠宮さまは、眞子さまと小室圭さんの結婚を“容認”する発言をされ、以下のように続けた。

 

 

「憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています」

 

 この記者会見について「驚きました」と語るのは、皇室研究家の高森明勅氏だ。

 

「今回の秋篠宮殿下のご発言は『結婚は認めるけれども、条件をクリアしないと勘当だ』に近い厳しい内容です。秋篠宮殿下は2年前に『多くの人が2人の結婚を納得し、喜んでくれる状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀をおこなうことはできない』といった話をされています。

 

 その上で今回『そういう状況でない』と明言され、『結婚と婚約は違う』とまでおっしゃっています。婚約にあたる納采の儀はやらなくても憲法や皇室典範に違反しないし、秋篠宮殿下の一存で『やりません』ということもできるのです」

 

 ただ、そうなると眞子さまの今後の人生にも大きな影響が出ると高森氏は話す。

 

「私が驚いているのは、一連の儀式の最初となる『納采の儀』をやらないとなると、天皇陛下、皇后陛下とのお別れの儀式である『朝見の儀』ができなくなる恐れがあるからです。

 

 朝見の儀は皇居の宮殿、松の間でおこなわれる格式の高い儀式。
それをすっ飛ばすとなると、秋篠宮家だけの問題ではなくなります。秋篠宮殿下は全くブレずにあくまでもご自身の筋を通された形です」

 

 このままでは、眞子さまは “家出” 状態での結婚となってしまう――。かつて、ここまで皇室と対立する形で女性皇族が結婚したことがあるのだろうか?

 

 歴史学者で東京大学史料編纂所教授の本郷和人氏はこう語る。

 

「そういった事例はおそらくないでしょう。だからこそ、『皇室と激しく対立する』とか『困窮してしまう』という事態を宮内庁などは非常に恐れているんでしょう」

 

 あらためて、小室さんに課されるハードルの高さが浮き彫りになった。ただ、本郷氏は「先例を守るだけが皇室の歴史ではない」とも話す。

 

「鎌倉幕府を倒して建武の新政を始めた後醍醐天皇は、さまざまな先例破りをおこないました。そのときに残した言葉が、『朕の新儀は未来の先例』というものです。『私が先例のない新しいことをやったら、それは100年後、200年後には先例になっているよ』と。

 

 つねに皇室は新しいことができるのであり、そうすることでしなやかに生き残ってきているわけです。だから、眞子さまの結婚の件も許そう、という話になるんだと思います」(本郷氏)

 

“史上初の男”は、はたして“先例”になれるのか――。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入