最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1603号
5月25日号
5月11日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月11日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

新型コロナウイルス「ワクチン」全疑問を解く…副反応は?変異株への有効性は?

社会・政治 投稿日:2021.02.06 06:00FLASH編集部

 

新型コロナウイルス「ワクチン」全疑問を解く…副反応は?変異株への有効性は?

ウイルスサンプルを培養中

 

「いちばん危険なのはアナフィラキシーショックですが、欧米諸国の状況を見ていると、インフルエンザワクチンと比べてその頻度はやや高いものの、特別に多いわけではないと思います。

 

 ただそれ以外にも注目したいのは、1回めの接種よりも2回めの接種のほうが副反応が強いのではないかと懸念されていることです。イギリスでは2回めの接種を3カ月先に延ばすとも報道されていて、そのへんが見えてこない。

 

 また、いま報告されているのは接種直後の副反応。じつはワクチンの副反応は、接種後3カ月、4カ月、半年たってから出てくるものもあるので、それも気になりますが今回、それを待っている時間はありません。

 

 しかし、やはり安全だというしっかりしたデータを厚生労働省にはお示しいただきたい。

 

 今までの臨床試験の治験で接種した方が、おそらく4万5000人から5万人ぐらいいると思います。そういう方たちの安全の評価、長期間の効果も可能な限りしっかり評価したうえで、判断しなくてはならない。

 

 また、海外ではすでに多くの人にワクチンが接種されています。そういったデータもどんどん集めていただいて、最大限の安全を確認しましたよということをお示しいただかないと、不安が残りますよね。

 

 私は、ワクチンの承認はあまり急ぐべきではないと思っています。日本の感染状況はイギリスやアメリカとは違いますから、もう少し待ってからじっくり評価してもいいと思います」

 

■「変異株」への有効性

 

 もうひとつ気になるのが、コロナウイルスの変異株だ。ジョンソン英首相は、英由来の変異株について、従来のウイルスに比べて致死性が高い可能性があると発表している。

 

「コロナウイルスは変異しやすいんですね。基本的にウイルスは感染力がどんどん強くなって多くの人に感染していきますが、重症化しにくくなる傾向が示されることが多いのです。

 

 アメリカのエモリー大学の研究チームの試算によると、放っておいてもコロナウイルスは10年後には風邪のようなウイルスになるなどといわれています。

 

 とはいえ、最近のウイルスの変異株は自分が生き残るためにどんどん性格を変えてくる。イギリス、南アフリカ、ブラジルと各国に次々と出てくる変異株がどう性格を変えてくるかは未知数。

 

 ワクチンは変異株にも効果があるといわれていますが、一部の変異株ではワクチン効果が劣るという可能性はあります」

 

 それでも新型コロナウイルスの感染対策には「ワクチンが非常に有用だ」という。ワクチン接種が始まれば、感染拡大は収まるのだろうか。

 

1234

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入