最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1603号
5月25日号
5月11日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月11日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

【4月20日の話】日本初のコーヒー牛乳、1本20銭で飛ぶように売れた

社会・政治 投稿日:2021.04.20 06:00FLASH編集部

【4月20日の話】日本初のコーヒー牛乳、1本20銭で飛ぶように売れた

守山の珈琲牛乳

 

 1923年4月20日、東海道線国府津駅で、守山乳業による瓶入りのコーヒー牛乳が、日本で初めて販売された。

 

 守山乳業の創業者・守山謙は、農家の家に生まれながら、当時あまり一般的でなかった乳製品に目をつけて酪農を始める。はじめはバターやカゼインを製造・販売していたが、ある日、ハワイからコーヒー豆の売り込みに来ていた住田商会社長・住田多次郎に出会う。

 

 

 住田社長は、「ハワイではコーヒーにクリームを入れて飲む文化がある」と教え、コーヒーを日本に広める手助けをしてほしいと頼みこむ。守山は初めて飲んだコーヒーの苦さに驚いたが、試しにコーヒーと牛乳を1対1で混ぜてみたところ、あまりのおいしさに驚いた。

 

 守山乳業の広報担当者がこう語る。

 

「さっそく商品開発が始まりますが、牛乳はもともと日持ちしないものですから、開発は難航したみたいです。そこで、守山は医師であった弟に相談したところ、煮沸消毒のヒントをもらい、1週間日持ちさせることに成功するんです。そして、日本初のコーヒー牛乳が完成しました。

 

昭和初期の殺菌設備

 

 商品のお披露目は、東海道線の国府津駅でした。並弁当が1箱35銭で売られていた時代に、コーヒー牛乳は20銭。決して安くない値段だったでしょうが、持ち運びできる飲み物が珍しかったこともあり、飛ぶように売れました」

 

 その後も研究を重ね、3~4カ月の保存が可能となったコーヒー牛乳は、全国の駅で販売されるようになる。

 

珈琲ラベル

 

 1972年(昭和47年)に刊行された『国鉄と構内営業』という資料には、当時の東京鉄道局管内81業者の販売状況が記録されている。守山乳業のコーヒー牛乳は、1日あたり1377本も売れている。この頃には、大量生産の体制ができあがっており、1本15銭に値下げした。

 

「いまはコーヒー牛乳という商品自体が弊社になく、コンビニや一部スーパーで販売しているチルドカップ飲料やソフトクリームミックスが主力になっています。知らないうちに弊社の飲料を口にしている方も多いのではないでしょうか。

 

 コーヒー牛乳は一時期復刻版を出していましたので、今後もしかしたら復活するかもしれませんが、そのあたりは未定です(笑)」(守山乳業担当者)

 

写真提供:守山乳業

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入