最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1536号
11月19日号
11月5日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

ASKA「タクシー映像流出」で気になる車内のプライバシー社会・政治 投稿日:2016.12.04 12:00

ASKA「タクシー映像流出」で気になる車内のプライバシー

『写真:AFLO』

 

 28日夜に覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたASKA容疑者。

 

 逮捕の数時間前までブログで「もし、科研が調べたのであれば、無実は証明されているはずです。尿から、覚せい剤反応が出るわけなんてことは、あるわけがないのですから」と反論していた。

 

 そのASKA容疑者が、外出先から自宅へタクシーで戻った際の車内映像が流出し、テレビ局が放送するという事態が起きた。30日になってタクシー会社チェッカーキャブが「当グループ加盟の1社よりマスコミへ提供されたもの」と認め、謝罪。

 

 ASKA容疑者は日頃から「盗聴・盗撮されている」と主張していたが、本当に盗聴・盗撮されていたことになる。

 

 車内映像を流出させる行為は、個人情報保護法に違反する可能性が高く、民事上の損害賠償を受けることもある。同社は「グループとして厳罰をもって対応し、記録映像の管理徹底を図らせる所存であります」と発表しているが、ことは管轄の国土交通省まで動かしかねない状況となっている。

 

 それにしても、タクシーでは、どれほどプライバシーが確保されているのか。都内のタクシー運転手に聞いてみた。

 

「タクシーはお客様とトラブルになることも多いので、おそらくですが、いまは日本のすべてのタクシーが車内ドライブレコーダーを導入しているはずです。ただし、その映像は、原則として運転手は見ることができません。私は個人タクシーですが、必要なときは(運転手の)組合に行って、専用ソフトでしか見ることができないのです。これは法人タクシーも同様でしょう」

 

 車内の映像はほぼ確実に録画されているが、映像は事故やトラブルがない限り、封印されるわけだ。

 

 ちなみに、車内でふしだらな行為や違法行為をするお客はいるのだろうか?

 

「いやー、今の時代、無茶なことをする人はほとんどいなくなりました。あんまりひどいと、タクシーはお客様を強制的に下ろすことができますから、ご注意を」

 

 タクシーが密室だと思ったら大間違いなのだ。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入