最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1608号
6/29・7/6号
6月15日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月15日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

会社のクレカで4億円のアーティスト活動…ラッパーに懲役2年6カ月が言い渡される

社会・政治 投稿日:2021.05.07 23:10FLASH編集部

会社のクレカで4億円のアーティスト活動…ラッパーに懲役2年6カ月が言い渡される

自身のビルボード前で微笑むアリントン(インスタグラムより)

 

 5月5日、米・メリーランド司法省は、チャド・アリントン(33)に懲役2年6カ月を言い渡した。「チャド・フォーカス」としてラッパー活動していたアリントンは、自身のアーティスト活動に4億円もの巨費を費やした。しかし、その資金源は、会社名義の「クレジットカード」だった。

 

 

 大手出版社「アゴラ」の子会社でウェブマーケターとして仕事していたアリントンは、2015年1月から2018年8月にかけて、会社名義のクレカを不正使用し、自身のアーティスト活動に使いまくった。

 

 SNSでは「いいね」や「フォロワー」を大量に購入。音楽配信サイトでは、自身の楽曲の再生回数をあげる水増し工作をおこなった。楽器や機材の購入に加え、国内外の移動費、さらに自身の名前がプリントされた帽子の作成など、ありとあらゆる場面でカードが使われた。

 

 極めつけは、自身のビルボード(広告用掲示板)をタイムズスクエアに設置したことだ。

 

 報道によると、アリントンのほかにも社内には複数の共犯者がおり、不正使用が上司や経理にバレないように、コンピューター上でカード会社の請求を書き換えていた。

 

 結果的に、アリントンの活動費は4億円を上回った。連邦検事局の報告書では、会社側は損失を埋め合わせるため、従業員10名の給与を一部カットしたという。

 

 アリントンは「地元のみんなや、若い人たちに申し訳ない」と反省しているが、今回の判決では不正使用した全額の返金も言い渡された。

 

 フェイスブックには「どうやって返すんだろう」「本当に反省してるのか?」など、辛辣なコメントが並んだ。どうしても有名になりたかったアリントン。今回の逮捕が、いちばんの宣伝になってしまったようだ。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

6月22日発売
表紙:与田祐希(乃木坂46)

詳細・購入