最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1618号
9月28日・10月5日号
9月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月3日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

名古屋入管・スリランカ人女性死亡事件「これは殺人なんです」死の間際の映像を見た遺族が涙の訴え

社会・政治 投稿日:2021.09.09 06:00FLASH編集部

名古屋入管・スリランカ人女性死亡事件「これは殺人なんです」死の間際の映像を見た遺族が涙の訴え

ウィシュマ・サンダマリさん(享年33)

 

《部屋にはベッドが一つだけで、その奥にトイレと洗面所がある。ベッドと壁の間はやっと通れるくらいの狭さだ》

 

 スリランカ女性ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)は、この「密室」に半年余りも閉じ込められていた。

 

 

 オーバーステイ(超過滞在)で、名古屋出入国管理局に収容されていたウィシュマさんは、今年1月中ごろから嘔吐や食欲不振を訴え、「仮放免」を求めたが認められず、3月6日、搬送先の病院で死亡した。

 

 8月12日、入管は部屋の天井に設置した監視カメラの映像を、ウィシュマさんの亡くなる最後の13日間ぶんを2時間に編集して遺族にだけ開示。

 

 今回、映像を見た妹のワヨミさんと従妹のマンジャリさんが、苦しみを抱えつつも日本の人々に事件を知ってほしいという思いから、本誌の求めに応じてウィシュマさんの “死の間際” をイラストに起こし、真実を語ってくれた。《 》の部分は、2人が入管で映像を見ながら記したメモである。

 

《2月23日19:37~19:39。ベッドに横たわるウィシュマ。そばには女性職員。ウィシュマが「病院に連れて行って」と頼み、職員が「私たちがずっと見とるからね」と答えると、彼女は「ご飯も食べられないし歩けない」と訴える。

 

 ウィシュマは「セーライン(点滴)」と4回繰り返したが、職員は「わからない」と答える。ウィシュマは「OS1(経口補水液)みたいなやつ」と言いながら点滴のジェスチャーをする。職員は「医師なしでは与えられない」と拒んだ》

 

《2月26日5:14~5:36。ウィシュマは起き上がろうとしてベッドから床に転げ落ちた。助けを求めると「すぐには行けないから、一人で起きてベッドで待っていなさい」という職員の声。ウィシュマは「一人じゃ無理」と言い、「担当さーん」と、23回も呼び続けた。

 

 約10分後に2人の職員が部屋に入ってきて、床に倒れたウィシュマを無理やり引っ張る。ウィシュマは「痛い、痛い」と叫んだ。職員は「起き上がれないなら、朝まで床で頑張ってね」と言い残し、一人の職員はウィシュマを跨いで部屋を出て行った》

 

《3月1日21:32~21:37。一人の職員がコーヒー飲料を渡す。ウィシュマが「コーヒーなら飲める」と言ったからだ。ウィシュマの鼻からコーヒー飲料が出ているのに気づいた職員が「鼻から牛乳だ」と叫んだ。2人ともおかしそうに笑っていた》

 

 この場面を見たとき、ワヨミさんは映像を止めさせ、「どうして笑ったのか」と、同席の職員に聞いた。職員は「これは日本のブラックジョーク。フレンドリーになるための冗談です」と言い逃れたという。

 

《3月3日16:58~17:10。ウィシュマはべッドに横たわったまま疲れ果てた様子。看護師がウィシュマの手を取って、開いたり閉じたりさせようとしたが反応はない。

 

 翌日は精神科の病院に行く予定で、看護師は医師に報告するためにウィシュマの症状をリストアップしている。「足が痛い、眠れない、食べられない、耳鳴りがする、頭の中が工場みたい」と、ウィシュマ自身でも医師に伝えるように指示する。

 

 するとウィシュマは「死にたい」とつぶやく。看護師は「死んだらハンサムで金持ちの日本人と結婚できなくなるんじゃないの?」と軽口を叩いた》

 

 ウィシュマさんが死亡したのは、この3日後だった。8月10日、出入国在留管理庁が公開した最終報告書は、「ウィシュマさんの死因特定は困難」と結論づけた。しかし、遺族の代理人である指宿昭一弁護士は強く反論する。

 

「報告書は、今回の事件の原因を入管の体制や職員の意識の問題にすり替えていますが、明らかな犯罪。死ぬ可能性を知りながら放置したのなら、“未必の故意” の殺人です」

 

 ワヨミさんは入管職員にこう聞いた。「私たちがアメリカ人なら同じことをしましたか?」。職員は無言だった。

 

「貧しい国の人間だから、こんな仕打ちを受けたのかと聞きたかったんです。姉は『日本は素晴らしい国』『日本人はとても優しい』といつも言っていました。でも、入管の人たちによって、日本のイメージは悪くなってしまいました」

 

 一人の外国人の死によって日本が失ったものはあまりに大きい。

 

(週刊FLASH 2021年9月21日号)

 

※現在、事件の真相究明のためにカンパと署名が募られており、ご賛同者は下記の#からの文言でインターネットで検索してください。#JusticeForWishma 名古屋入管死亡事件の真相究明のためのビデオ開示、再発防止徹底を求めます

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入