最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1626
12月14日号
11月30日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月30日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

京王線無差別刺傷 服部恭太容疑者の元同僚が語った事件直前の職場トラブル「会社は彼を守らなかった」

社会・政治 投稿日:2021.11.09 06:00FLASH編集部

京王線無差別刺傷 服部恭太容疑者の元同僚が語った事件直前の職場トラブル「会社は彼を守らなかった」

福岡で育った彼は、何を思い犯行に至ったのか

 

「お兄ちゃんが高校生で、妹さんが中学生のときに越してきたんです。お母さんとの3人家族でした。兄妹がきちっとお辞儀をして挨拶してくれて、ちゃんとしてましたよ」

 

 福岡市内のとある団地の住民は、声を潜めてそう語った。

 

 10月31日、京王線の車内で無差別刺傷事件を起こし、殺人未遂容疑で逮捕された服部恭太容疑者(25)。福岡で育った彼は、何を思い犯行に至ったのか。同級生の母親は未だ信じられない様子でこう話す。

 

 

「わざわざ服を買ったり、ペットボトルにライターオイルを詰め替えたりしたことをニュースで知って、ピンときたんです。昔からいつも身なりはきちんとした几帳面な子で、性格がそんなところに出たのかなって思いました」

 

 一方、服部容疑者の違う一面を見ていた人もいた。今年7月までの3年間、同容疑者が契約社員として働いていた大手携帯電話会社の福岡市内のコールセンターで、同僚だった人物だ。会社の喫煙所で、新型コロナの給付金について話をしたことがあったという。

 

「本人は『派遣会社からたまたまここに派遣された』と言っていました。仕事のときの服装は少しやんちゃな感じで、ワルそうな彼の先輩も交えて中洲で飲んだこともあります。声を荒げるなど、感情の起伏が激しいなと感じることがありました」

 

 服部容疑者は、あるトラブルをきっかけにこの職場を辞めてしまった。

 

「彼はインターネット関連の相談を受けつける窓口の担当でしたが、顧客との間で、契約にオプションをつけた、つけないで口論になったんです。本人に責任はないことなのに、会社は彼を守らなかった。彼は口調がきつく、以前からよくトラブルになっていましたが、責められたことに納得がいかなかったんでしょう」(同)

 

 なかば “濡れ衣” のこの出来事で服部容疑者は配置転換を命じられ、それを受け容れられなかった彼は会社を去った。職を辞した服部容疑者が家を出たのは、7月中旬のこと。神戸市や名古屋市のホテルでそれぞれ1カ月ほど過ごし、9月下旬に上京して凶行に及んだ。

 

 中学時代には柔道部と陸上部に所属し、高校時代は空手部の主将として、「組手」「形」の両方で大会に出場していた服部容疑者。空手部の恩師は「何も話したくないです」とショックを隠し切れなかった。

 

 かつて温かい家庭を築いていた母と妹は、今何を思うのだろうか。事件以降、福岡市内の自宅に灯りはともっていない。

 

(週刊FLASH 2021年11月23日号)
続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入