最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1652号
7月12日号
6月28日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月28日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

安倍晋三氏、プーチン大統領を「戦国時代の武将のようなもの」と批判…変わり身の早さに呆れる声続出

社会・政治 投稿日:2022.04.22 20:49FLASH編集部

安倍晋三氏、プーチン大統領を「戦国時代の武将のようなもの」と批判…変わり身の早さに呆れる声続出

 

 深刻化するウクライナ問題を受け、安倍晋三氏は、露骨なプーチン大統領批判にかじを切ったようだ。4月21日、都内で開かれたシンポジウムで、プーチン大統領を「力の信奉者」とし、「戦国時代の武将のようなもの。織田信長に人権を守れと言っても、全然通用しないのと同じ」と語った。

 

 

 比喩の微妙さもさることながら、安倍氏がプーチン大統領を批判したのは、この日だけではなかった。

 

 11日、片山さつき参院議員のパーティーでおこなわれた講演では、ウクライナ侵攻を「本当に衝撃的な出来事だ」とし、「あのように、国際法を踏みにじって堂々と他国を侵略し、残虐な行為を続ける国が世界には存在する」と怒りのコメント。

 

 17日におこなわれた福島県での自民党会合では、「ウクライナの祖国を守るという決意の強さを見誤った。そして自分の力を過信した結果、こういうことになっている」と断言。かつて「ウラジーミル」「シンゾー」と呼び合った関係性は、崩れ去ったようだ。

 

「安倍氏は、首相在任中にプーチン大統領と27回の会談を重ね、北方領土交渉に腐心してきました。3000億円の経済協力に加え、北方領土の4島返還を2島返還に妥協するなどの譲歩を見せましたが、目立った成果は得られなかった。

 

 ウクライナ侵攻が始まっても、安倍氏はプーチン大統領へ直接呼びかけることもできませんでした。あげく、日本がロシアにおこなった経済制裁により、ロシア外務省から平和条約交渉の一方的な打ち切りが発表される始末です。

 

 こうした経緯があったことから、SNSでは、プーチン大統領への批判を『変わり身が早い』と見られているようです」(政治ジャーナリスト)

 

 実際、ネットではこんな呆れ声が続出している。

 

《「ウラジミール、共に駆けて駆けて駆け抜けよう」って言ってたのに、手のひら返しもいいとこ》

 

《人に批判は盛大に、自分への批判は聞く耳持たず》

 

《あんたが言うか。ほかに言うべきことがあるでしょ》

 

 首相時代、「ウラジーミル、君と僕は同じ未来を見ている」とまで発言していた安倍氏。見ていた未来は、まったく異なるものだったようだ。

 

( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入