最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1663号
10月18日・25日号
10月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

安倍元首相、完治していなかった「潰瘍性大腸炎」…体調すぐれないまま遊説に出ていた

社会・政治 投稿日:2022.07.08 20:30FLASH編集部

安倍元首相、完治していなかった「潰瘍性大腸炎」…体調すぐれないまま遊説に出ていた

総辞職した安倍内閣(2020年9月16日、写真:AP/アフロ)

 

 7月8日午前11時半頃、安倍晋三首相銃撃され、亡くなった。67歳だった。

 

 奈良県へ遊説に出向いていた矢先の出来事だったが、当日の安倍氏について、「体調不良を押しての遊説だった」と語るのは政治ジャーナリストの野上忠興氏。

 

「安倍元首相は、難病に指定されている『潰瘍性大腸炎』を17歳から患ってきた。2007年9月に首相を辞任したのも、この病気が原因でした。2020年も同様の理由で首相を辞しています。以降、回復が報じられていましたが、この持病は完治したわけではなかったのです」

 

 

 本誌は2020年8月4日発売号で、同年7月に安倍氏が “吐血” したことについても報じている。当時、おおたけ消化器内科クリニック院長・大竹真一郎医師はその吐血についてこう語ってくれている。

 

「潰瘍性大腸炎に合併する、胃や十二指腸の病変の可能性があります。さらにステロイド系の薬剤を内服していることで、悪化して出血したのかもしれません」

 

 この報道が国内外を駆けめぐった直後の8月17日、安倍氏は慶應義塾大学病院に検査入院。8月28日、持病を理由に辞任を表明することとなった。その後、徐々に政治活動を本格化させたが、体調は万全ではなかったのだ。

 

「特に、この暑さは体によくなかった。大腸が悪いということは、水分が十分に摂れないということ。この酷暑のもとで、それはあまりにつらく、全国遊説は苦役だったと思います。

 

 しかし、遊説に出ていたということは、弱っている姿を見せず、存在感と影響力を見せようとしていたのでしょう」

 

 満身創痍の体のまま遊説へ――。悲劇はそんなときに起きてしまった。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入