最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1662号
10月11日号
9月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

「奈良県警は素人か」元公安関係者が憤る安倍元首相の杜撰すぎる警備体制

社会・政治 投稿日:2022.07.08 23:05FLASH編集部

「奈良県警は素人か」元公安関係者が憤る安倍元首相の杜撰すぎる警備体制

演説中の安倍元首相(写真・朝日新聞)

 

「そもそも場所が悪すぎますよ。なぜ、山上容疑者が背後に忍び寄るのを許したのか。奈良県警は素人かと言いたいですね」

 

 こう憤るのは元公安警察関係者だ。7月8日、安倍晋三元首相が街頭演説中に銃撃され、死亡した。逮捕された山上徹也容疑者は、安倍元首相が演説中に背後から忍び寄り、わずか3メートルほどの位置から2発射撃をおこなった。

 

 

「通常、大臣クラスが地方で街頭演説する場合、最低1名以上は警視庁のSPが同行します。それに加えて、地元の都道府県警察から人員が追加されます。合計4名以上はいるはずです」(前出・元公安警察関係者)

 

 演説の場所は、近鉄大和西大寺駅前のロータリー。360度開けた場所だった。

 

「場所の許可を出すのは都道府県警察ですから、まずこの場所取りについては奈良県警の責任です。犯行を捉えた動画を見る限り、安倍さんの前と横には注意が向けられていましたが、後ろは全然カバーできていませんでした。そもそも、360度カバーするのは大変なので、駅舎を背景にするなどして、警戒する場所を狭めるべきでした」

 

 さらに、1度めの発砲があった段階で迅速に対応していれば、2発めを防ぐことはできたはずだという。

 

「SPが突然の発砲音にまったく対応できていませんでした。これは大問題ですよ。警護用のカバンの中には、鉄板が入っていますので、それを盾にして、安倍さんと犯人の間に割って入るべきでした。

 

 なぜなら、身を挺して要人を守り抜くのがSPの仕事だからです。咄嗟に拳銃で打ち返すことはできなかったにせよ、守ることはできたはず。奈良県警と、警視庁SPの責任は追及されるでしょうね」

 

 さらに、今後は選挙のあり方事態が変わる可能性があるという。

 

「平和ボケしていますからね。特に政治家は、選挙になると有権者とフレンドリーな雰囲気にしたいので、警備体制を緩めたがる。今後、選挙の街頭演説のやり方はがらりと変わるでしょう」

 

 はたしてこの悲劇を防ぐことはできなかったのか。詳しい検証はこれから始まる。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入