最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

安倍晋三元首相銃撃事件 容疑者が名前を挙げた「統一教会」は突如休館 取材に「お引き取りください」

社会・政治 投稿日:2022.07.10 15:10FLASH編集部

安倍晋三元首相銃撃事件 容疑者が名前を挙げた「統一教会」は突如休館 取材に「お引き取りください」

チェーンがかけられ、人気のなくなった現場近くの「奈良家庭教会」

 

 7月8日に発生した安倍晋三元首相の銃撃事件。その場で逮捕された山上徹也容疑者は、「特定の宗教団体に恨みがあった」と供述している。

 

 山上容疑者に誘われて食事をしたことがあるという男性は、山上容疑者が「自分の家族が統一教会に関わっていて、霊感商法トラブルでバラバラになってしまった。統一教会がなければ、今も家族といたと思う」と語っていたと、本誌取材に証言。実際、統一教会(現在は世界平和統一家庭連合)の広報は、山上容疑者の母であるA子さんが、同会の信者であることも認めている。

 

 

 意外な形で名前がでてきた統一教会。事件翌日、現場の近くにある奈良家庭教会には「コロナ感染拡大のため、しばらくの間休館いたします」と書かれた張り紙が張られ、厳重に扉が占められていた。

 

 これに首をかしげるのは近隣の住民だ。

 

「ここは以前は、パソコンの部品を売る会社だったんだけど、5、6年前に統一教会が引っ越してきたんだよ。

 

 コロナ感染拡大で閉まっていたという記憶はないな。昨日はいつもどおり人の出入りがあったし、毎週日曜日は、15台ほど停められる駐車時が満車になるほど、信者の方が通っているんだけどね。今日になって突然、閉まってしまったんだよ」

 

 近所では、山上容疑者の供述の中で「統一教会」の名前が挙がっていることは、知られているという。

 

 教会から出てきた職員に取材を申し込んだが「お引き取り下さい」と拒絶されてしまった。

 

 山上容疑者との間のトラブルを、教会はどう受け止めているのか、知りたいところだが……。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入