最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1662号
10月11日号
9月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

岸田首相「ワクチン接種4回め」直後のコロナ感染 “反ワクチン派”の便乗批判に「重症化防ぐため」反論の声

社会・政治 投稿日:2022.08.21 21:00FLASH編集部

岸田首相「ワクチン接種4回め」直後のコロナ感染 “反ワクチン派”の便乗批判に「重症化防ぐため」反論の声

 

 8月21日、岸田文雄首相の新型コロナウイルス感染が判明した。

 

 午前9時ごろに「昨晩から、微熱、咳などの症状があるためPCR検査を受けたい」との連絡があったという。午後4時に出たPCR検査の結果は、新型コロナ陽性だった。現在は官邸で療養しており、軽症だという。

 

 

 岸田首相といえば、8月12日に新型コロナウイルスワクチンの4回めの接種を受けたばかり。そこで、首相は

 

「国民の皆さんも接種の大切さを理解し、前向きに進めてもらえればと期待している」

 

と、語っていた。そこから10日も立たないうちに感染が発覚したことで、ネット上ではワクチン接種の“効果”を疑う声が出てきた。

 

《娘と私がワクチン3回目を躊躇しているところだから複雑な気持ちにもなる》

 

《しょせんワクチンの効果ってそんなもんか》

 

《つまり4回目ワクチンは無意味ってことね》

 

 しかし、ワクチン接種のおもな目的は、重症化を予防したり、後遺症を軽減したり、といった効果だ。岸田首相の感染に便乗する“反ワクチン派”に批判の声もあがっている。

 

《岸田さんワクチン4回目打ったのに、と言ってる人は、接種してもコロナに感染する場合があることを忘れてしまってるのか》

 

《ワクチンは感染そのものへの有効性は高くないが重症化率を下げるためだっつってたろ…》

 

《発症予防効果もそれなりに回復するわけですが、感染対策上に不備があれば、感染することは何らおかしいことはないです》

 

「たしかに、ワクチン接種のおもな目的は重症化を予防することであって、岸田首相が感染すること自体は不思議ではありません。とはいえ、とくに若い人のなかには、ワクチン接種の際の副反応が強く出る人も多く、接種は進んでいません。今回の感染判明が、こうした傾向にさらにブレーキをかけてしまう可能性があります」(社会部記者)

 

 幸いにも軽症だという岸田首相。早く元気な姿を見せるのが、ワクチン接種を進めるうえでは大事かもしれない。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入