最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1662号
10月11日号
9月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

【統一教会と戦う弁護士2】脅迫電話や怪文書は毎日、電車使わず防弾チョッキ…紀藤正樹氏が語る命がけの覚悟

社会・政治 投稿日:2022.09.07 06:00FLASH編集部

【統一教会と戦う弁護士2】脅迫電話や怪文書は毎日、電車使わず防弾チョッキ…紀藤正樹氏が語る命がけの覚悟

 

 統一教会の問題がメディアで連日取り上げられるようになり、教団の問題があまり顧みられなくなった“空白の30年”においても、なお教団と戦ってきた男たちにようやく光が当たっている。

 

 前号では、ジャーナリストの鈴木エイト氏と有田芳生氏(70)の戦いの歴史を紹介したが、今回、本誌は統一教会と対峙してきた弁護士を取材した。不法行為を糾弾しつづける彼らの根底には、徹底したプロ意識と温かな人間性が垣間見える。

 

 

 統一教会にとって最大の仇敵はこの人に違いない。連日、テレビに出演し、教団批判を繰り広げる紀藤正樹弁護士だ。

 

「今回の件を受けて脅迫電話や怪文書のようなメール、FAXが毎日のように事務所に来ていますし、最近はツイッターでの誹謗中傷も強烈です。内容はめちゃくちゃですが、言いぶんは教団の教えそのもの。組織的にやっているのでしょう」

 

 これほど露出が増えると、恐怖を感じることは頻繁にありそうなものだが……。

 

「感じないというより、感じないようにしているんです。危険はあっても、ちゃんと警戒している。電車には極力乗らないし、周囲の人間を常に注視しています。防弾チョッキを身に着けたことも一度や二度ではない。弁護士になって32年間、ずっと続けてきたことです。テレビに出るようになってからは、今まで以上に気をつけています」

 

 それでも、紀藤弁護士が圧力に屈することはない。

 

「弁護士という職業は結局、人間のトラブルを解決する仕事です。だから、そもそもが危険な仕事。そういうつもりでこの仕事を選んだのだから、殺されることになんの後悔もない。命を懸けているんです。だから、脅迫に恐怖なんて感じません」

 

 覚悟の源泉は、統一教会に対する憤りだ。

 

「人の優しさや弱い心につけこんで、よかれと思わせて悪事を働かせる。ただ悪いことをしているわけじゃなくて、組織的に人を“悪いやつ”に作り変えてしまうんです。人道的に許されない、圧倒的な不正義に対しての憤りをずっと持っています」

 

きとうまさき
1960年11月山口県生まれ 大阪大学法学部卒業、同大学院修士課程(憲法専攻)修了。1990年第二東京弁護士会に登録。日本弁護士連合会消費者問題対策委員会筆頭副委員長


( 週刊FLASH 2022年9月20日号 )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入