最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1670号
12月20日号
12月6日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月6日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

「安倍元首相の顔で射的」報道であふれる非難の声「デモではなく死者への冒涜」

社会・政治 投稿日:2022.09.29 21:40FLASH編集部

「安倍元首相の顔で射的」報道であふれる非難の声「デモではなく死者への冒涜」

国葬当日の混乱ぶり

 

 賛否さまざまな意見が飛び交った、9月27日の安倍晋三元首相の国葬。会場となった日本武道館近くの九段下交差点は、当日、賛成派・反対派だけでなく、報道関係者やYouTuberなど、雑多な人が入りまじる混沌とした空間になった。

 

「警視庁は、警視総監をトップとする『最高警備本部』を設置し、約2万人でを配備して警備に当たりました。これは東京パラリンピックの閉会式以来の態勢となります。

 

 

 しかし、危惧していたとおり、交差点は大混乱に。けが人や逮捕者こそ出なかったものの、非常に危険な状態にあったことは間違いありません」(政治部記者)

 

 SNSには、当日の様子が写真や動画つきで大量にアップされているが、特に批判を集めたのが、「WEB女性自身」が報じた「“安倍元首相の顔面に射的”パフォーマンス」だ。

 

「記事によると、安倍元首相の顔写真がプリントされたTシャツを着た人たちが並び、そこに水鉄砲のようなものを向けて盛り上がっていたそうです。

 

 ほかにも、まるで縁日の射的のように、安倍元首相の顔写真を並べ、おもちゃの鉄砲で撃っているような写真も投稿されています。さすがに故人に対して失礼ではないかと、物議を醸しているのです」(同)

 

 実際、SNSには、

 

《何が「弔意の強制による分断」だよな。献花の列に向かって散々好き勝手やったり、故人の顔写真で射的大会やったり、自由を謳歌した代償として一般人にドン引きされてるだけじゃん》

 

《これは反対主張運動ではではなく死者冒涜》

 

 といった批判があふれている。ただの悪ふざけになってしまっては、賛成派からも反対派からも反発を招くだけだろう。

( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入