最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1670号
12月20日号
12月6日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月6日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

菅義偉 国葬弔辞は“鉄板ネタ”で好感度爆上げも…統一教会と親密すぎるという「時限爆弾」

社会・政治 投稿日:2022.10.04 06:00FLASH編集部

菅義偉 国葬弔辞は“鉄板ネタ”で好感度爆上げも…統一教会と親密すぎるという「時限爆弾」

多くの感動を呼んだ弔辞だが、スピーチライターの存在を指摘する声も出ている(写真・JMPA)

 

「総理、あなたの判断はいつも正しかった」

 

 9月27日におこなわれた安倍晋三元首相(享年67)の国葬。友人代表として菅義偉前首相が読み上げた弔辞に、万雷の拍手が送られた。

 

「弔辞を聞いて涙ぐむ支持者が多数いました。世間ウケは抜群です。党内では『菅さんの人間的な魅力がやっとわかってもらえた』と、喜ぶ議員が多くいますよ」(政治部デスク)

 

 

 だが一方で、冷ややかな声も聞こえてきた。菅氏は弔辞の中で、安倍元首相を2度めの総裁選に出馬させるため、銀座の焼き鳥店で3時間“口説いた”エピソードを披露。

 

「私はこのことを、菅義偉生涯最大の達成として、いつまでも誇らしく思う」と述べた。

 

「菅さんの“焼き鳥ネタ”は鉄板ですよ。安倍氏の生前から、パーティなどで何度も披露してきた“すべらない話”。聞き飽きた」(安倍派議員)

 

 さらに弔辞の後半で菅氏は、安倍元首相が最後に読んでいた一冊の本、『山県有朋』(岡義武著)を引き合いに出したが、これには別の“真意”があったという。

 

「菅氏は、山県有朋が長年の盟友である伊藤博文に先立たれ、伊藤を偲んで詠んだ歌を紹介し、弔辞の結びとしました。自分を“不人気”な山県になぞらえ、その山県と伊藤の関係を、自分と安倍さんとの関係にオーバーラップさせるという、優れて“政治的”な弔辞でした」(「インサイドライン」編集長・歳川隆雄氏)

 

“政治的”とはどういう意味なのか。政治部記者が語る。

 

「山県は伊藤が暗殺された後も、元老として権勢を振るいました。つまり、今後は“キングメーカー”として、力を振るっていくという宣言だとも取れるのです」

 

 実際、“弔辞効果”で世間からの支持を取り戻した菅氏には勢いがある。

 

「石破茂さんとはしっかり連携を取っていますし、党五役である森山選対委員長は、完全に菅さんと一心同体。さらに、二階派の多くのメンバーも菅さんは掌握しています。今後の自民党政局の中心にいるのは確かですね」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

 

 そんな、キングメーカーとしての最初の仕事は“岸田潰し”になりそうだ。

 

「菅さんの岸田嫌いは、党内では有名です。後継総裁に岸田さんを考えていた安倍さんに『ノー』を言い続けたのが菅さんでした。岸田さんはなんとかご機嫌を取ろうと必死ですが、厳しいです」(自民党関係者)

 

「年内に岸田政権が窮地に陥った場合、次の首相を任せられる人物は菅さんしかいないというのが党内の大方の見方」(自民党議員のベテラン秘書)

 

“総理の死”で再びめぐってきたこの世の春ーー。だがそんな菅氏自身も、危険すぎる“時限爆弾”を抱えている。

 

「ずばり、統一教会(世界平和統一家庭連合)ですよ」

 

 と語るのは、横浜市の市政関係者だ。

 

「菅さんと統一教会の関係は、菅さんが小此木彦三郎氏の秘書だった時代から始まります。1980年代、金丸信元副総裁とのパイプが太かった統一教会は、金丸氏の失脚後、渡辺美智雄氏に接近しました。その渡辺氏の側近が、小此木氏だったのです。当時、秘書でありながら横浜市の“裏ボス”として頭角を現わしていた菅さんは、当然のように統一教会とも関係を深めました。今回の自民党の調査によると、神奈川選出の自民党議員の中で9人もの議員が、統一教会と関係があったことが発覚しています。その中には、菅さんにとって子分とも呼べる山本朋広衆院議員、山際大志郎経済再生担当相、坂井学衆院議員などが含まれます。これで“親分”の菅氏が統一教会と無関係なわけがありませんよ」

 

 統一教会を長年追及してきたジャーナリストの鈴木エイト氏も「菅氏が復権すると、統一教会の問題に蓋をされる可能性がある」と危惧する。

 

「たとえば、統一教会から選挙応援を受けていたことが発覚している北村経夫参院議員を、極秘に地区教会へ派遣したのは菅さんの仕切りだったといわれています。さらに2017年5月に、統一教会の北米大陸会長・金起勲氏ら一行を首相官邸に招待した過去もあります。当の金氏が『ヨシヒデ・スガが首相官邸に招待してくれた』と、韓鶴子総裁への報告集会で語っています。私は、安倍さんを統一教会に近づけたのは菅さんだった、という可能性すら疑っています。この関係については、今後も深く追及されるべきです」

 

“壺界のキングメーカー”であることが発覚すれば、菅氏は政治生命すら絶たれるはず。“復権”が先か、“爆発”が先か……。

 

写真・時事通信、JMPA

( 週刊FLASH 2022年10月18日・25日合併号 )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入