最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1675号
2月7日号
1月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月24日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

山上徹也被告 銃製造現場の「自宅マンション」を解約、リフォームへ 事件現場近くの「弾痕」にはパテが

社会・政治 投稿日:2023.01.20 06:00FLASH編集部

山上徹也被告 銃製造現場の「自宅マンション」を解約、リフォームへ 事件現場近くの「弾痕」にはパテが

1月10日、奈良西警察署に移送された山上徹也被告(写真・ともゆき)

 

 1月13日、安倍晋三元首相への殺人容疑などで起訴された山上徹也被告(42)。

 

 2022年7月8日の銃撃事件後、すぐに山上被告は逮捕されたが、その後、刑事責任能力を判断するために、170日間にわたる鑑定留置がおこなわれてきた。

 

 事件現場となった近鉄大和西大寺駅前は、安倍元首相が演説場所にしていた“中洲状”に設置されたガードレールが、2022年12月で撤去され、駅前再開発が進められている。

 

 

 しかし、いまでも立ち止まって、現場に向かって手を合わせる人も多く見かけた。銃撃現場を写真に収めていた男性は「初めて来たが、やはり一度は現場を見ておきたかった。ここで安倍さんが亡くなったんだと思うと心苦しい」と話す。

 

 山上被告は銃撃の際に、一度に6個の弾丸を発射できる仕組みの手製銃を使用した。事件当時、弾丸は2度、発射され、少なくとも2発は安倍元首相に命中したと見られている。

 

 銃撃現場から90m先にある立体駐車場の壁面には、事件直後から山上被告の“流れ弾”が命中したとみられる傷跡が確認されていた。

 

 現場を訪れると、いまだに「ここに弾痕が残っているんだよ」と言いながら指差す通行人も見受けられる。

 

 壁面を確認すると、白い壁についた傷跡に、上から茶色のパテを被せるように修復がされていた。この立体駐車場を管理する会社に聞くと、こう話す。

 

「事件後、すぐに警察の鑑識が対応して調べていました。その後は警察から『そちらで傷跡を修復してほしい』と言われたので、こちらで対応し、穴を埋めています。

 

 ただ、壁面と同じ色にはなっていないため、いまだに弾痕だと思われるのかもしれません。今後、修復にかかった費用を山上被告に請求するかどうかは、これから決めます」

 

 山上被告が銃を製造していた自宅マンションは、エントランスや、玄関ドアに設置された郵便ポストに、ビニールテープが貼られていた状態だった。

 

「親族なのか、誰かが来てここから荷物を運び出していきました。もちろん、もう誰も住んでいないです」(マンションの住人)

 

 現在、この部屋はどのような状態になっているのか? マンションを所有する不動産会社に聞くと「(マンションの)管理会社から、最近になって『山上被告の部屋をリフォームする』と連絡がきました。部屋を解約したということですね。早くリニューアルしたいと思います」と、明かすのだった。

 

 銃撃事件から半年あまり、山上被告の起訴により、司法の場に舞台は移ろうとしている。

 

 それと同時に、事件に関係する現場でも、止まったままだった“時計”が動き始めているようだ。

( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入