最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1550号
3月3日号
2月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第30弾】1月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

横須賀は、いいとこですよ…小泉進次郎「ポエム」の実力検定(2)社会・政治 投稿日:2019.10.08 06:00

横須賀は、いいとこですよ…小泉進次郎「ポエム」の実力検定(2)

 

 小泉進次郎・環境大臣(38)の発言が話題だ。通称 “進次郎ポエム” と呼ばれる答弁を、『声に出して読みたい日本語』の著者で、明治大学文学部教授・齋藤孝氏に評価してもらった!

 

 

●ポエム2:「横須賀は、いいとこですよ」
《答弁内容》
 9月11日、環境大臣就任記者会見で、進次郎氏の地元・横須賀の石炭火力発電所建設について問われ、なぜか記者を招待。

 

 

記者「あなたの選挙区では、横須賀石炭火力発電所が建設中。4、5年後にはCO2を出し始める。中止したらどうか」

 

進次郎氏「横須賀は、いいとこですよ。ぜひ、来てください。そこ見てください。本当にいいところです。あそこ久里浜なんですけどね、石炭火力は減らしていきますよ。それは日本政府の方針ですもの。私もそうなるべきだと思ってます。

 

 だけども、私は横須賀大好きで、『小泉さん神奈川県民ですよね』って言われても、『いや横須賀市民です』と。そう答えるぐらい、横須賀が大好きです」

 

《齋藤氏の評価》
「質問の本質をズラして、ごまかそうとしてうまくいかなかったケースですね。八方美人な印象を与えてしまいます。

 

 横須賀に暮らす有権者の事情があるとはいえ、環境相は、世界に対して日本のCO2削減の取り組みを発信しないといけない立場でもある。『国と地域の利害を調整し、落としどころを見つけていく』というふうに表現すればよかった。

 

 質問をズラす手法は、大臣になった途端、厳しく追及されます。いままでのやり方は通用しません」


(週刊FLASH 2019年10月15日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入